産山学園の生活(学園ブログ)

よかばい☆うぶチャンネル!

鉛筆 学力強化旬間に入りました!

9月15日(火)~10月2日(金)は、

学力強化旬間です。目的は3つあります。

1 1学期のまとめ(授業に集中)

2 7月の学力調査結果を受けての課題克服

3 後期生は期末テスト、前期生は単元テスト

  などに一生懸命取り組む。

以上、3つです。

学園のトイレの壁に貼られた紙には、

こんな言葉が書かれています。

ある卒業生の言葉です。

「どんないい土に種を植えても、努力しなくては

 花は咲かない」です。

家族や先生たち、学習委員会の人がどんなに、

「がんばるばい」「勉強するばい」と、

声を出しても、本人がやる気を出さなければ、

前進や成長はありません。

卒業生の言葉をしっかりと受け止め、

さぁ、自分自身に粘り強く声をかけましょう。

「やるぞ!君ならできる!」

「わからんなら、すぐ質問するたい!」

「ほら、できた!やればできるぅ!」

笑う 猪から田畑を守るために!

伊之助(いのすけ)は某アニメで大人気ですが、

イノシシは、せっかく育てた作物を食い荒らして

しまうので困ったものです。

9月中旬となり、「イノシシに(作物を)やられたぁ」

という被害の声を耳にするようになってきました。

学園では、運動場下の田畑で、5年生が稲を、

低学年が野菜やサツマイモを大切に育てています。

校長先生とお二人の教頭先生は、イノシシよけとして、

田畑の周りにスズランテープを巻きました。

子供たちが収穫できることを願って。

笑う ONE TEAM 価値ある体育大会!

令和2年度産山学園体育大会。

テーマは、「ONE TEAM ~感謝の心と

一生懸命な姿で、元気100倍学園生~」。

子供たちは、9年生を中心にして、

一生懸命な姿、元気な姿で、精一杯、

感謝の気持ちを地域に届けました!

「勝ち」よりも「価値」をめざした

今年度の大会。学園生109名が

完全燃焼で創り上げた感動の大会を

写真で振り返りましょう!

応援いただいた保護者様、地域の皆様、

今後とも産山学園をよろしくお願い

いたします。ありがとうございました!

笑う 今年度の体育大会 ありがとうございました。

本日

9月13日(日)、今年度の体育大会が実施されました。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止の観点から

規模を縮小しての体育大会となり、どうなることかと

心配しておりましたが、

(最後の素晴らしい校歌斉唱に私が涙してしまいましたが)

例年以上に児童生徒、先生方、保護者、地域のみなさんの心がこもった

体育大会になりましたこと、心から御礼申し上げます。

9年生のクラスで

担任の先生と子供たちが「最高の体育大会にしよう!」と語っていました。

PTA役員様を中心に「思い出に残る良い大会にしよう!」と

スポーツタオルを用意していただきました。

だからこそ

一人一人の子供たちが主人公となって

産山学園のグラウンドという舞台で輝いていました。

私も忘れません。

お一人お一人に、感謝の意をお伝えせねばなりませんが、この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました。 村上 拝

笑う 本日、予定どおり体育大会を行います。

本日、9月13日(日)、予定どおり体育大会を行います。

○感染症、熱中症等の予防にご協力ください。玄関前に村からいただいた検温モニターを設置します。

○路上駐車は、できません。

○児童生徒と本部、救護テントしかありません。

 新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため(密を避けるため)です。ご理解ください。

よろしくお願いいたします。

にっこり ネット社会をよりよく生きていくために ~ インターネット標語作品

何でもかんでもネットの世の中・・・

オンライン学習に熱心な産山学園ですが、

ネット社会に潜む闇にも目を向けて

世の中をよりよく生きる資質・能力の育成を進めています。

その一端をご紹介します。

インターネットをマナーを守って使い、より良い社会を築くために

インターネット標語作品を応募しました。(東先生、お世話になりました。)

例えば、「よく確認 文章画像の 真偽のほどは?」など

甲乙つけがたい作品ばかりです。

※個人情報保護の観点から作品の氏名はわからないように加工しています。

 

学校 残念!雨天順延 体育大会

昨夜未明からの雨は朝になっても止まず、

準備万端に整えた体育大会は雨天順延となりました。

みんな残念がっています。

しかし、気持ちを切り替えて授業に頑張る子供たち。

3・4年生はタブレットを使って学習しています。

 

今日は、午前中4時間給食なしで下校します。

午後から明日にかけて

天気が持ち直してくれるのを祈っています。

笑う 準備万端!ONE TEAMタオルもできました!

 明日9月12日(土)の体育大会に向けて、

ついに、ONE TEAM タオルが届きました!

 このタオルは、コロナの影響で学級

レクレーションができなくなり、

レクレーション費の使途をどうするかと

考えたときに、「学園の子供、先生、保護者」

の心を1つにするタオルを作ってはどうか!

という役員さんや学級委員さんの思いから、

誕生しました!

 ONE TEAM タオルは全学園生と全職員に

配られます。これで、学園はONE TEAM 意識が

ぐんと上がります。午後からは、準備も全員で

行いました。さあ、いよいよ本番です!!

笑う 本番のつもりで!真剣に取り組んだ予行演習!

9月9日(水)は体育大会の予行演習

を実施しました。朝からの雨で、予定を

ずらして行いました。

湿ったグラウンドであるにも関わらず、

子供たちは、体育の冨永先生や9年生の

話を真剣に聞き、本番のつもりで、

元気に一生懸命、走ったり、応援をしたり

していました。一生懸命なその姿は、

本当に光っていました。

本番はもっと輝くと思います。

笑う みんなでダンス!楽しいなぁ☺

「みんな、おぼえるの早いねぇ。」

「いいよ!はい、そこでターン!」

「失敗してもいいよ、楽しく行こう!」

9月4日(金)、体育館には、山田

真由美先生の元気な声が響きました。

総合運動部の「ダンス」種目がついに

始まりました。

人気アニメの主題歌に合わせ、楽しく、

笑顔で、エネルギッシュにダンスする

子供たち。

「産山の子供たち、一生懸命で最高!」

山田先生にほめられ、「もう1回、

お願いします!」と、気合いが入る

子供たちでした!

それでは、ミュージックスタート!!

笑う 教育実習、お疲れ様でした!

 9月4日(金)、教育実習生の

藤藪先生は、小学校・中学校両方の

課程での計5週間の教育実習を

無事終えられました。

 藤藪先生は、子供たちの名前をあっと

いう間に覚え、子供たちとよく遊び、

研究授業前には、学園の先生方と

一緒に、一生懸命に授業づくりに

励んでいました。

 お別れの放送では、「皆さんのおかげ

で本当に楽しい5週間でした。ありがとう

ございました!」と、感謝の気持ちを

述べられました。

 この実習の経験が、藤藪先生が人生を

歩む中で、1つの糧になることを願って

います。5週間、お疲れ様でした!

<前半:小学校課程での実習の様子>

<後半:中学校課程での実習の様子>

 

 

 

 

笑う 今日から体育大会の全体練習はじまる!

今日、9月4日(金)の1時間目から

体育大会の全体練習がはじまりました!

今日は

入退場と各団で歌を練習しました。

台風10号がとても気になっています。大きな被害とならないことを祈っております。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止とともに

台風対策も進めてください。

 

笑う 私たちに今できることは。豪雨災害支援!

 県南部を中心に甚大な被害をもたらした

令和2年7月豪雨。「自分たちにできること

はないか!」夏休み前から、生徒会は話し合い

を重ね、「床上浸水し、被害が大きかった

球磨村立渡小学校を微力ながら支援する」

ことを議決しました。

 支援方法は、募金と応援メッセージ。

募金は、学園や村役場で募り、合計金額は

53,481円となりました。全額を渡小に届けます。

メッセージは、1~9年生全員が関わって作成。

きつさに寄り添う言葉や励ましの言葉が、

渡小の子供たちや先生方の心に届くことを

願っています。

 募金していただいた皆様方に心より

御礼申し上げます。

 

笑う 屋外上映会 ~ 約80人の住民の皆さんが集う

8月29日(土)

旧山鹿小学校のグラウンドで

やまんうらシネマの屋外上映会が

無料で開かれました。

9月1日付けの熊本日日新聞が伝えています。

こちら

 ✳︎著作権の都合上、ぼかしています。

いつも産山村の星山 教育長、今村 副校長先生と手入れをしている

旧山鹿小学校のグラウンド。

そこでの屋外上映会です。

高橋孝徳さんらが動いておられます。お世話になります。

にっこり 通学路の花々 特派員より大蘇地区方面

通学路の花々を報告してくれている特派員。

今回は、大蘇地区方面の子供たちから

通学路の花々の写真が届きました。ありがとう。

みんなも写真が撮れたら、ファイルを私の所までくださーい!

みんなで産山の花々を紹介していきましょう。


笑う 体育大会の準備 みんなでテント準備

今朝のグラウンドの様子

今村副校長先生、市原教頭先生によって

きれいに整備されたグラウンド。

 

後期課程(7~9年生)の生徒たちがみんなで体育大会の準備として

テントの設営を行いました。

今年は、コロナ禍で規模を縮小して行う体育大会。

生徒会を中心に「産山村を元気にしたい!」という思いで

応援の準備もしてくれています。

三密を避けるため、テントも子供たちのことを第一に考え、

最小限としています。

どうかご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

笑う ジェームズ先生、ありがとうございました!

 8月28日(金)は、ALTのジェームズ・ダヴェン

ポート先生とのお別れの日となりました。

 ジェームズ先生は明るく、まじめで、

とても話しかけやすい先生でした。ジェームズ先生

のおかげで、「英語の授業が好き」という学園生が

たくさん増えました。

 ジェームズ先生の学園生へのラストメッセージは、

「Follow your own path at your own speed. 」

「自分のはやさで自分の道を選んでください」でした。

 ジェームズ先生との思い出や言葉を胸に刻み、

学園生は、笑顔でお別れのメッセージを届けました。

ジェームズ先生、2年間、ありがとうございました!

 

苦笑い お元気で(Take Care !)

一昨年度の途中から

お世話になっているALTのジェームズ・ダヴェンポート先生が

任期を終えて、次のステージに進まれることになりました。

今朝、職員室でお別れの会があり、

お昼にお別れのオンライン放送をしました。

 

 

※ 情報保護の観点から、画像は加工しております。

詳しくは、今日の学園だより「わだち」に載っております。

学園だより「わだち」はこちらから。

 

お祝い 恐竜絵画コンテスト 入賞おめでとう!

天草市の御所浦町の「第22回恐竜絵画コンテスト」にて

5年生の志賀陽向さんの作品が佳作に入賞しました。

おめでとう!

作品はこちら(入賞者と作品は公表されますので、こちらにも掲載します。)

御所浦町といえば

そう、こちらも30有余年続く「海山交流」です。

今年度は、コロナ禍で交流の中断を余儀なくされておりますが、

こういった交流の息吹を

両地域とも大切にしています。

 

笑う 産山学園体育大会に懸ける思い

晩夏から初秋へ。体育祭の時期が近づいて

まいりました。コロナ渦により、今年度は、

9月12日(土)に、「産山学園体育大会」を

開催する予定です。

大会の規模はやむを得ず縮小しますが、

学園生と職員の思いは例年と変わらず

熱く燃え、やる気に満ちています。

8月26日(水)の学園生集会では、

結団式がオンラインで行われました。

まず、酒井生徒会長が大会テーマ「One Team

~感謝の心と一生懸命な姿で、元気100倍学園生」

を発表しました。

このテーマには「今だからこそ地域を元気にしたい」

「勝敗を競うのではなく団結をめざす大会にしたい」

という思いが込められています。

次に、赤団団長の平田君、白団団長の

岩下君による「ともに力を合わせ、大会を成功

させよう!」というエールが、学園中に

響きました。

8月27日(木)は、8・9年生に

よる応援づくりが行われました。

8年生に寄り添う9年生の優しさ。

9年生の期待に応える8年生の真剣さ。

サードステージの信頼関係のすごさを

感じました。

いよいよ来週末から全体練習がスタート

します!!

笑う ありがとうございます。通学路の整備。

写真

 

このように通学路の除草が行われています。

今年度、2回目になります。

夏草が伸びていました。

車道と歩道の境目の部分は刈り取ったのですが、

ここまでやっていただけるとありがたいです。

除草業者の皆さん、村の経済建設課の皆さん、ありがとうございました。

笑う 通学路の花々 ~ 家壁(やかべ)地区

特派員だより

産山学園の子供たちは大半はスクールバス通学ですが、

3つの方向から徒歩で通学する子供たちがいます。

今回は

家壁(やかべ)地区への通学路で子供たちが

特派員として見つけた花々を紹介します。

他の地区からもこんな花が村を彩っていますといった

写真を募集します。私か副校長先生にお声をかけてください。

待ってます。

学校 風の谷にある学校

お気づきの方もおられると思いますが、

タイトルの可変バナーに

「風の谷にある学校」を加えました。

このホームページ・・・

村外の方もご覧いただいておりますが、

村外の方にも立地や特色ある教育課程を掲載しながら、

本校の魅力を発信して参ります。

タイトルに

「風の谷にある学校」としましたが、

玄関前のピロティは、さわやかな風が良く通る場所です。

私も作業の合間に、玄関前で休むと心地よい風が吹いてきます。

ここ数日は、異常に暑くて、風も通らないこともありますが、

風の谷のさわやかな風を浴びに

皆さんもぜひ、お立ち寄りください。

笑う しっかり実った野菜、とったどぉ!

「うわぁ、やったぁ!いっぱいできてる!」

「本当だ!すごく大きいばい!」

3年生は、春に、高橋さんの指導のもと、

野菜の苗を植えました!

今日8月21日(金)の朝、学校近くの

野菜畑からは、3年生の喜びの声が

響いてきました!

「麻婆なすにして食べます!」

本当に、しっかり実りましたね。

豊作に大満足の3年生でした。

 

笑う 生徒会の募金活動

昨日、朝から玄関前で

生徒会が7月の豪雨災害の支援募金を

呼びかけてくれていました。

前の日には、村役場に行ってきて、

村長、教育長にお世話になりました。

ありがとうございました。御礼申し上げます。

みんなの善意は、5万円を超えました。

今のところ、人吉市の学校とコンタクトを取っています。

笑う みんな 思いやりの心で一緒にコロナ禍を乗り切る

遅くなりましたが、マスコミ掲載のお礼です。

8月17日(月)の夏休み明けに際して、

皆様、ご存知の通り、多くの報道各社に取材いただきました。

これも、産山村の皆様のおかげです。

ありがとうございました。

8月17日の熊本日日新聞社の記事を紹介します。

なお、著作権の都合上、ぼかしていますことをご了承ください。

笑う これが噂の「検温モニター」!!

皆さん、これが昨日のテレビや今朝の熊本日日新聞の記事にも

登場した「検温モニター」です。

とてもお利口さんでモニター上のカメラと検温装置で

画面に映った人のおでこの体温を

瞬時に表示してくれます。

 

産山村、そして、産山村教育委員会に御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

今日は、学園のお子さんにモデルになっていただきました。

ありがとう。

給食・食事 お知らせ 給食の牛乳変更(~8月25日(火)まで)

産山学園の給食は、とってもおいしい。

「今日の給食」のコーナーも毎日更新され、

楽しみにされているとの声をいただきます。

 

さて、うぶやま牧場の牛乳生産の都合で、本日は、野菜ジュースでした。

明日から8月25日(火)までは、ジャージー牛乳のパックになります。

 

慣れ親しんでいるうぶやまのおいしい牛乳は、もうちょっと待ってくださいね。

笑う 夏休み明け 授業をがんばっています。

連日、暑いです。

もう「暑い」よりも「熱い」ですね。

 

今日、8月17日(月)

学校に短かった夏休みを終えた子供たちの

元気な笑顔が戻ってきました。

熊本日日新聞社さん、KKTさん、KABさん、TKUさんなどが取材に来られました。

夕方からのテレビで放送されます。

ご期待ください。

さて、恒例となったオンラインの夏休み明け集会からスタート、

その様子は副校長先生がこのホームページにアップされると思います。

私からは

今日の授業の様子を数枚。

子供たち、がんばっています。

 

笑う みんな、いっしょに!~夏休み明け集会~

「先生、少しだけ日焼けしました!」

8月17日(月)、9日間という短い

夏休みを終え、子供たちの笑顔が学園に

戻ってきました。

「おはようございます!」

子供たちは、元気に挨拶すると、次々に

サーモグラフィーカメラの前で検温を

済ませ、教室に入っていきます。

夏休み明け集会では、村上校長先生と

宗先生がお話をされました。

<村上校長先生のお話>

「一緒」という漢字を分解すると、

「一 糸 者」に分けられます。

「者」という字には「みんな」という

意味があるので、「一 糸者」は

「一本の糸でつながれたみんな」という

意味になります。

このコロナ渦の時代を、学園みんな、

一緒になって乗り越えていこう!

前進していこう! 

ウイルスにかかりたくてかかる人なんて

どこにもいない。ウイルスにかかった人は

病気だけでなく、差別や偏見に苦しんでいる

ことを忘れないでください。

<宗先生のお話>

6月の人権集会の時に、酒井生徒会長が伝えた

「挨拶の大切さ」を今再び思い出してほしい。

「おはようございます」や「さようなら」

だけでなく、「ありがとう」や

「ごめんなさい」をはっきり声に出して

言える人になってほしい。

また、暑い日が続いているので、外で遊ぶ

場合は特に、熱中症対策を十分するように。

<1時間目の授業の様子>
「夏休みの思い出」や校長先生のお話、

宗先生のお話について、しっかりと

振り返っていました。

 

笑う 夢塾!9年生の学習をサポート!

村教育委員会が中心となり進めて

いただいている、子供たちの学習

サポートを目的とした地域未来塾。

通称「夢塾」!

この夏の夢塾は、コロナ対策として、

8月11・12日の2日間、9年生のみを

対象として受験サポートを行っています。

笹原指導主事、有住指導主事が準備して

くださった県模試プレテストに、真剣に

取り組む9年生。

受験生としての自覚が高まった夢塾でした!

お疲れ様です。ありがとうございました。

 

笑う 休み中も当番活動、がんばっています!

8年生は、一人一鉢、「菊」を

育てています。猛暑の夏は

「朝の水やり」が欠かせません。

8年生は、夏休み中も、自分が当番の

日には朝から学園に来て、

水やりを行っています。

責任をもって水やりをする8年生、

菊を愛情もって育てている8年生!

うぶよか!!

正面玄関のマリーゴールドは、
環境委員会の子供たちがいつも
水やりをしてます!夏休み中は、
先生たちがしています。
これも、うぶよか!!

笑う 安全第一!素敵な夏休みを!~夏休み前集会~

8月8日(土)から産山学園も

夏休みに入ります。

本日8月7日(金)は、夏休み前集会が

オンラインで行われました。

集会の様子を写真を中心にお伝えします。

 

①村上校長先生のお話

「メとネ、どちらが先に来るでしょう?」

という問いかけからスタート。

五十音表では「ネ」が先、「メ」

が後です。

なかなか「芽」が出なくても

いつか「芽」は出ます。

そのために、この夏休みは、目標に向かって

がんばり「根」をしっかり伸ばしてほしい

というお話でした。 

②宗先生のお話

 夏休みのくらし方についてお話がありました。

「交通事故」「水の事故」「ゲームのしすぎ」

などの宗先生のお話を忘れず、安全な夏休みを

送ってほしいと心から願います。

③養護の先生からのお話

 首藤先生、井上先生からは、夏休み中の

健康についてのお話がありました。

「生活リズム」「コロナ対策」「熱中症対策」

どれもみんな大切なお話でしたね。

 

先生たちの話やおうちの人の話をよく守り、

すてきな夏休みを過ごしてくださいね。

 

笑う 学園便り「わだち」16・17号 「ネとメのお話・・・」

学園便りの第16と17号を掲載しました。

16号は、コロナの第2波に備えて、野球部の活躍

そして

17号は、

本日、8月7日(金)の夏休み前集会でお話しした「ネとメ」の話。

それと

副校長先生より一昨日の授業参観のお礼の2本立てです。

学園便り「わだち」は、こちらからどうぞ。

笑う 募金活動 生徒会だより

6月の学校再開以降、

生徒会も活動を行っています。

彼らの努力が学校の再開の大きな原動力となっています。

さて、生徒会だよりが発行されました。

今、生徒会で進めている募金活動と体育大会の準備について述べられています。

ありがとうございます。

笑う 授業参観、ありがとうございました。

「来てくれてうれしかったです!」

「少し緊張しました(笑顔)」

8月5日(水)、令和2年度になって

初めての授業参観を行いました。

県のリスクレベルも4まで上がって

いましたので、保護者の皆様には、

検温、消毒、3密避け、マスク着用、

マイスリッパ持参等々、いくつもの

感染防止対策にご協力いただきました。

本当にありがとうございました。

子供たちは、保護者の皆様に見守られ、

少し照れながら、いつも以上に元気に

真面目に(笑)授業にのぞんでいました。

「学校で、友達と仲良く

がんばっている姿が見れて

安心しました。」という

保護者様の言葉に、子供だけでなく、

学校もたくさんの元気をいただき

ました。ご来校、本当にありがとう

ございました。

また、行きたかったけど、どうしても

都合がつかなかったという保護者様が

おられましたら、遠慮なくご連絡いただ

けたらと思います。お子様の学校での

様子などお答えしたいと思います。

 

<3密を避けて行われた授業参観の様子>

笑う 2年生、産山村探検の様子<前半>

2年生の「産山村探検」については、6月29日と

7月22日にも「うぶチャンネル」で紹介して

います。「産山村探検」では、多くの地域の方々に

ご協力いただいております。

探検の様子を写真を通してお伝えします。

お世話になった皆様、本当にありがとう

ございました!!

① 山水亭 

 有名なグリーンカレーのオムライスをつくる

時に使う道具の紹介!「あー食べたい!」

② ダベリバ

 人気商品「焼きアーモンド」はこうやってつくるんだよ! 

 甘い匂いがたまりません!

③ 喜戸豆腐

 美しい水で丁寧に作るからここの豆腐はおいしいんだね!

豆乳もいただきました!

④ めいささん家の牛舎

 阿蘇の雄大な草原と牛舎で大切に育てられた

牛だから、すばらしいお肉になるんだね!

⑤ 水魚園

 わー、ヤマメとマスがいっぱい泳いでいる!

すごいなぁ。水がきれいだからとにかく魚が元気!

⑥ 産山村役場

 たくさんの人が、それぞれの役割をもって、村のために

お仕事をされているね。いつもお世話になっています!

 教育長先生も大歓迎してくださいました!

村長さんが、村長室に特別に入れてくださいました。

うわー、村長室ってこんなかんじなんだ。すごいなぁ!

⑦ ブックワーム(本の虫)

 学園の図書室にいるなおみ先生が、学園にない本も

ここにはあることを教えてくださいました!

⑧ 産山牧場

 どうだぁ! 牧場からの景色!最高でしょ?

遊んでませんよ!これも地域を知る大切な学習です!

後半は、8月17日の週に紹介しますね。お楽しみに!

 

笑う 特派員だより

お待たせしました

前のブログで貼り損ねてしまった

古閑さんの写真を

貼らせていただきます。

古閑さんは暑い日も見守ってくださいます。

古閑さん、いつも見守りをしてくださって

ありがとうございます。

特派員より


久々の特派員だよりですが、

今日は、撮影した自分の写真を

メールで送り、それを活用する技術を学んでくれました。

今後、カメラを片手に学校内外を

活動する特派員の姿を見ることができるかも知れません。お楽しみに!

笑う お昼の時間のお楽しみ 〜 オンラインのクラス紹介

7月30日(木)、昨日の給食の時間の様子です。

 

新型コロナウィルス感染症対策のため、

みんな前を向いての給食となっています。

ワイワイできないのも、寂しいですよね。

そこで、生徒会を中心に、各クラスの紹介ビデオもオンラインシステムを

使って流されています。

みんなが楽しんでいるときに、

生徒会長は、タブレットPCでみんなが見ているビデオが

きれいに流れているかチェックしてくれていました。

すごいぞ!ありがとうございました。

 

 

病院 新型コロナウィルス感染症に関する「差別や偏見の未然防止のために」

熊本県教育広報誌「ばとん・ぱす」の

第51号が7月号として届きました。

そのなかに、「新型コロナウィルス感染症に関する差別や偏見の未然防止のために」

という記事が掲載されていました。

そこには、次のような言葉が赤い字で示されていました。

「だれだって、いつだって、感染する可能性があります!」と。

そうです。だれにでも病気に対する不安があり、

そこには、差別や偏見がおこりがちです。

もし自分だったら、もしうちの子どもだったら・・・と

自分のことやご家族のことに置き換えて考えてくださいと書いてあります。

ぜひ、ご家庭で話題にしてください。

 

笑う 子供たちが帰った後も、がんばっています!

子供たちが帰った後、先生たちは

毎日、教室等の消毒をしています。

次の日の授業の準備もしています。

水曜日は、部活動がお休みの日です。

子供たちが帰った後、水曜日の

先生たちはどんなことをしているのかな?

写真で紹介します!

 

◎校内研修

7月29日の研修は、不祥事防止のボトムアップ

研修でした。ボトムアップ研修とは、自分たちで

企画して自ら学ぶ主体的な研修です。

全員、積極的に真剣に参加していました。

◎学校の整備

 市原教頭先生が、車に乗ってグラウンドを

きれいにしていました。他にも、本棚の本を

並べる先生、草を刈る先生がいました。

◎うぶよか!クロアゲハを逃がしてあげる

優しいジェームス先生と藤田先生

笑う 野外映画~この村を盛り上げたい~

昨日、午後7時頃から

旧山鹿小学校のグラウンドにて

野外映画の試写(映像と音量、スクリーン等の具合)が行われました。

高橋さんを中心にこの企画が進められています。

産山を盛り上げるために、尽力する方々が、とても素敵です。

近々、上映会の案内があるかと思います。

楽しみですね。

高橋さんたちは、この企画を

豪雨災害の被災地でも進めたいと考えられています。

応援しましょう。

学校 第2波に備えて

新型コロナウイルスに関する

良くないニュースが続いています。

今朝も職員朝会で第2波への備えを!と話したところです。

先日行った生活アンケートでは、

子供たちは、手洗い等、感染症予防の習慣ができています。

国、県内の感染状況を注視しながらの学校生活が続きます。

より一層、意識を高めてください。

マスク、

手洗いと消毒、

そして、毎日の健全な生活習慣がとても大切です。

みんなでこの状況を乗り切っていきましょう。

にっこり 教育実習スタート!

7月27日(月)、延期になっていた教育実習

がついにスタートしました。

実習生の名前は藤藪先生です。

藤藪先生はコロナウイルス対策のため

2週間前に産山村に帰省し、実習に向けて

しっかりと体調管理を行ってきました。

藤藪先生は、旧産山小・中学校出身で、

学園生の先輩になります。

学園生に向けた挨拶は全校放送で行いました。

「実習に入る学級は2年生と8年生に

なりますが、産山村出身なので、他の学年の

みなさんも気軽に声をかけてください。

5週間、よろしくお願いします!」

初々しく、さわやかで、はつらつとした

声が、学園に響き渡りました。

夢に向かってがんばってください!!

 

 

笑う わくわく どきどき まちたんけん 〜 2年生

今日、7月22日(水)

2年生が産山まちたんけんに出かけました。

産山の「おいしい」を探ってくると思います。

わくわく どきどき の出会いが待っています。

子供たちには「産山をもっともっと好きになってほしい」と

伝えました。

僕も好きだな、この産山が。

11時30分頃、無事に帰ってきました。

お世話になった方々、ありがとうございました。

担任の先生共々、御礼申し上げます。

にっこり さそいにのらないように ~ 1年生 & 学園の俳優さん

先日、1年生の授業で

「さそいにのらないように」という

不審者の誘いにのらないためには・・・を学ぶ授業がありました。

しっかり考えてもらうために

産山学園の選りすぐりの俳優が迫真の演技で授業を進めました。

それは誰でしょう?

写真

 

そう、産山学園の俳優さんとは!

担任の中村 先生と今村 副校長先生 です!

お二人の演技に子供たちもびっくり!!

さすがですね!!

さそいにのらないためには・・・養護の首藤先生も参加されて

より効果的に学ぶことができました。

にっこり 学園便り「わだち」14,15号

学園便り「わだち」の

第14、15号を掲載しました。

第14号は・・・

情報モラルを守り「発信」できる人をめざして & ようこそ先輩

第15号は・・・

オンライン先進地~産山学園&よかばい☆うぶチャンネル!

学園のホームページに注目

中体連の代替大会でのバドミントン部のようす

をお届けします。

学園便り「わだち」はこちらをクリックしてください。

笑う いじめのない笑顔あふれる村に〜いじめ問題対策連絡協議会

7月21日(火)

10:30〜基幹集落センターにて

令和2年度 第1回産山村いじめ問題対策連絡協議会が開催されました。

この会は、PTA会長、村の警察、民生委員(協議会長)、人権擁護員

総務課長、住民課長、健康福祉課長、教育長、事務局長、人権教育指導主事

などの皆さんが集まり、学園と連携して

いじめのない村づくりに協力しようというものです。

村総力で子供たちに

いじめがないように協力しあう、学園にとって大変ありがたい会でした。

皆さまよろしくお願いします。

下のパンフレットにあるように

「まずは、学校に相談を」とあります。

学園は、皆様のために精一杯の協力をします。

よろしくお願いします。

笑う あれ、なんか足が速くなった気がする!

7月17日(金)放課後、総合運動部の種目は

陸上でした。陸上の指導は、今年度も

金子智哉 様 にお願いしています。

金子コーチは、「今から人間ドリブルをしてもらいます」

と、子供たちに興味をもたせたり、

「なんで走るときは体をまっすぐにした方がいいのかな?」

と、子供たちに考えさせたりして、

走る楽しさや速く走るこつを、子供たちに

うまく伝えていました。

ソフトボールやバドミントン同様に

また1つ、子供たちに運動する喜びが増えました。

金子コーチ、1年間よろしくお願いします。

 よーい、ドン!!

笑う つながろう産山!よかばい☆うぶチャンネル!

さあ、始まりました!

つながろう産山!よかばい☆うぶチャンネル!の

コーナーです。このコーナーでは、「こらーよかばい」

と感心・感動したことを発信してまいります。

この発信により、産山のつながりが、さらに深まる

ならば幸いです。今回は初回ですので3つの

「うぶよか」を紹介します!

【うぶよか了解①】

高橋さんの行動が「うぶよか」でした。

7月16日早朝、大雨により木や竹が倒れ、

通学路をふさいでいるのに気付いた副校長。

どうしようか悩んでいると、そこに颯爽と1台の

軽トラックが登場!現れたのは、田植えで

お世話になった高橋達雄さん。高橋さんは、

軽トラックの荷台に乗り、木や竹を切り取って

くださいました。

その日は1年生の野外学習がありました。

1年生は安心して通学路を歩くことができました。

高橋さん、ありがとうございました。

【うぶよか了解②】

ある6年生男子の言葉が「うぶよか」でした。

昼休み、オンラインゲームの話で盛り上がっている

下級生たちに対し、ある6年生が、

「学校の昼休みの時ぐらい、ゲームのことは忘れて

他のこと(外遊び、将棋や読書など)をやった方が

楽しいよ」と、優しく言いました。

言われた下級生たちも「そうだね!」と

すっきり納得していました。 うぶよか!

【うぶよか了解③】
ある6年生女子と7年生女子の行動が「うぶよか」でした。

7月17日朝の登校中、1年生が転んで膝をすりむいて

しまいました。2人はすぐに駆け寄って「大丈夫?」と

声をかけ、両脇を支えるようにして、1年生のペースで

歩き始めました。途中、1年生の膝の痛みが増したため、

6年生女子はおんぶをして学校まで連れていきました。

1年生は養護教諭にすぐに治療してもらい、笑顔に

なりました。 うぶよか!

笑う 掲示物からも「発信」の工夫

産山学園には

いろいろな掲示物があり、

そこには、「発信」の工夫と学びがあります。

これは、東棟の保健室前の掲示です。

たのしい学園・・・

学びがいっぱいですね。

全体

その1

その2

生徒会の生徒が

玄関前の掲示物を今月バージョンに

変えてくれていました。

ありがとう!

 

笑う ゲストティーチャー 森本春樹 様 ようこそ!先輩!!

昨日、7月15日(水)

4時間目 8年生 社会の授業

「阿蘇の草原保全を考えよう」

ゲストティーチャーとして

昨年度のPTA会長、教育委員で

牛の放牧や肥育をされている

森本春樹 さんをお招きしました。

森本さんから

「子供たち、よく学んで、しっかりした意見をもっていますね!」

お褒めの言葉をいただきました。

森本さんの経験と様々な体験・知見に富んだお話に

子供たちのメモしながら、話を聞く態度に感心しました。

古庄先生の日頃の取り組みに感謝します。

森本さんは、中村さおり先生と

交流生としてタイにも行かれています。

これからもよろしくお願いします。先輩!!!

 

お祝い 熊本日日新聞の若者コーナーに記事掲載

 

熊日新聞の読者のページの「若者コーナー」に

7年生の井美桜名さんの投稿が

昨日、7月14日に掲載されました。

おめでとうございます。

笹原指導主事、真田先生のご指導のおかげでもあります。

こちら

✴︎新聞に氏名が掲載されましたので、ここでもお名前を載せました。

 ただし、記事には熊日新聞の著作権がありますので、ぼかしています。

 ご了承ください。

そして、今日、午前中に星山教育長、直々にお祝いの言葉をいただきました。

ありがとうございます。

 ✳︎写真は本人が特定できないように配慮しております。

産山学園では、

学んだことを表現し、「発信」できる子の育成を

考えています。

このホームページの特配員もそうです。

みんな、未来に向かってがんばれ!

にっこり 待ちに待った放課後子ども教室!

手指消毒を済ませて・・・「よろしくお願いしま~す。」

1、2年生は、一人一人の自己紹介あと、名札づくり。心を込めてつくります。

  

3年生は、そろばん教室。

  

感染防止のため、「密にならないように」など、十分心配りをいただき、感謝申し上げます。

ご指導いただく皆さま、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

笑う 今年度も「放課後子ども教室」お世話になります。

今日、7月13日(月)16時より

今年度の放課後子ども教室の会議が学園のメディアセンターにて

行われました。

子どもたちの放課後の安心・安全な居場所を

地域全体で用意していただいています。

その今年度の運営のための会議です。

コロナ禍における新しい生活様式について、熱心な会議が行われました。

今年度も教育委員会、学校、放課後子ども教室が連携した活動が進められます。

学校 学園便り「わだち」第12・13号をアップしました。

学園便りの

今週号である第12・13号掲載しました。

12号は・・・

1 大歓迎!お客様

2 オンライン生徒総会

13号は・・・

1 ご家庭でのICT活用のルール:大人フィルタリング

2 交通安全教室での学び:ト・マ・トと「はひふへほ」

です。どうぞお読みください。こちらからどうぞ!

笑う 大切な命を守る!交通安全教室

7月9日(木)、1~4年生参加で

交通安全教室が開かれました。

指導者は、講習員の山部さん

安全推進員の江藤さん、井さん、森下さん

警察から中野さん、久保さん

役場から井さん の計7名です。

子供たちは<魔法の言葉><実験><体験>

を通して、命を守るために必要な知識や

行動をしっかりと身に付けることが

できました。

<魔法の言葉「はひふへほ」>

 【歩く場合 】    【自転車の場合】
は)しらない      は)っしん注意
ひ)ろがらない     ひ)だりを通る
ふ)ざけない      ふ)たり乗りしない
へ)んなことしない   へ)るめっとかぶる
ほ)どうを歩く     ほ)こうしゃに注意

< 実 験 > 
①車をしっかり見ていれば助かる実験

②豆腐(脳の代わり)と陶器(頭蓋骨の代わり)

 を使ったヘルメットは大事だよ実験

< 体 験 >

◎「しっている」ではなく、「している」ことが大事!

産山学園は、これからも五者(子供、学校、

家庭、地域、役場)が協働して

交通安全運動を推進してまいります!

にっこり 太田恭司先生、ありがとうございました。

7月8日(水)、熊本大学教職大学院の

太田恭司(おおたやすし)シニア教授が

学園に来てくださいました。

太田先生は、産山学園がめざす学園づくりや

わかるできる授業づくりについて、全職員に

楽しく、熱く、分かりやすくアドバイスを

してくださいました。

「産山の環境は本当に素晴らしい」

「私、阿蘇が大好きなんですよ」

「子供たちものびのびと育っている」

「8年生は積極的に発表していた」

「先生たちにやる気があって頼もしい」

太田先生の言葉が胸に響き、全職員が

元気をたくさんもらいました。

研究授業をした古庄先生は、研修後も、個人的に

太田先生に質問をしていました。嬉しそうに

質問に答える先生の姿が印象的でした。

太田先生、本当にありがとうございました。

そして、またよろしくお願いいたします。

笑う 「礼場時襟」って、何?

学園では、「礼場時襟(れいじょうじえり)」

を行動目標の柱としています。

生活の場をよりよくするために、

礼をつくし、場を清め、時を守り、襟を正す

ことを互いに意識して過ごしています。

 

プールに移動する前の4年生です。先生が来る前に

子供だけできちんと整列しています。

水泳の授業中の1年生の靴です。

美しく並べられています。すごい1年生ですね。

3年生の習字の授業の様子です。背筋が

まっすぐ伸びています。だから字も美しいです。

7年生のぷくぷくうがいの様子です。

時間を守り、静かに取り組んでいます。

学園の課題は「礼」、挨拶です。

「マスクをしているから」という理由に逃げず、

生徒会を中心に「マスクをしていても相手に

しっかり聞こえる挨拶」をめざしていきます!

笑う みんなの七夕かざり 特派員だより

特派員です。

今日、ファースト・ステージのみんなが七夕の飾りをつくっていました。

その願いの中には・・・

コロナがなくなってほしいという願いや

勉強をがんばりたいという願いなど

色々な願いがありました。

みんなの願いが叶いますように・・・

特派員でした。

 

笑う 七夕と図書室

人吉球磨、芦北地方が大雨被害を受けています。

親戚がいる人吉・・・とても心配しています。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りしますと共に

被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


さて、七夕です。

図書室も植松先生と学習図書委員会の子供たちが

セッティングしてくれています。

こちら

星空に想いをはせる・・・そんなひと時を大切にしましょう。

そして、読書にも親しみましょう!

笑う お客様 髙橋孝徳 様 いつもお世話になっています

3年生の野菜づくりをはじめ、いつも

学園の活動等にご協力いただいている

髙橋孝徳様が学校に来られました。

村上校長先生が出張でしたので

副校長の今村がいろいろなお話を

聞かせていただきました。

「子供たちの生活支援を今自分なりに考えている」

「野外映画鑑賞を行い、村を元気にしたい」

髙橋様の熱い思いがひしひしと伝わりました。

さらに、山鹿川への河川名変更について、

多くの人の尽力があってやっと実現したという

お話も聞かせていただき、胸が熱くなりました。

髙橋様、「熱盛」な話、ぜひまた聞かせてください。

本当にありがとうございました!

笑う 水泳の授業 ~ 恵まれた環境の中で

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、

学校での水泳が話題となっていますが、

産山学園では、万全な感染症対策を施した上で水泳の授業を行っています。

授業風景

 

市原教頭先生も参加されています。 

何を学んだか、仁田水先生と振り返り

密を避ける更衣室の区画と授業後の殺菌作業

屋根のある全天候型のプールは、村の方々も夜間利用されます。

この施設に感謝します。

 

笑う お客様 酒井幸徳 様 何度でも大歓迎です

今朝、先日、来られた酒井幸徳 様が

再び、学園に来てくださいました。

 

ありがとうございます!大歓迎です!!

 

 

オオクワガタの産卵木を持ってきてくださいました。

2日間程度、水に浸して、メスのオオクワガタに与えます。

きっと喜んで、産卵してくれると思います。

楽しみです。

朝の時間でしたので、慌ただしい時間でしたが、

高日先生に、先日、子供たちがお茶摘みをした茶葉で

お茶をいれてくださいました。

最高です。

昨日、私は出張でしたが、高橋さんも来られたのこと。

高橋さんの来校は、今村副校長先生が記事にされると思います。

皆様、しばしお待ちください。

産山学園では、地域の皆様の来校をお待ちしています。

また、このホームページをご覧になった方も地域を問わず大歓迎です。

よろしくお願いいたします。

笑う 全員でつくる学園~令和2年度学園生総会~

7月2日(木)、5~9年生が参加して、

学園生総会がオンラインという形で

行われました。休校期間中に活用した

オンラインシステム「teams」で

各学級とメディアルームがつながり、

しっかりと意見交換することが

できました。

議案書の作成など、事前準備を入念に行った

執行部や議長団、そして各種委員長の

リーダーシップのおかげで、各学級から

たくさんの質問や意見が出されました。

市原教頭先生も講評で言われましたが、

「全員でつくったすばらしい学園生総会」

であったと思います。

承認された2つの議案を常に意識し

全員で実践していきましょう。

笑う 7月2日は多くの「はじまり」がありました!

7月2日(木)、まず1つめの「はじまり」は

学力検査です。4月実施予定の学力検査でした

が、長期休校のため7月の実施となりました。

2年生から9年生まで、真剣に取り組んでいま

した。一斉のテストは今年度初めてでした。

次の「はじまり」は、1年生の水泳です。

学園に入学して、初めてプールに入る1年生。

もう楽しくて楽しくて仕方のない様子。

あまりにはしゃぎすぎて、

「ひっつきませんよ!」と注意される場面も。

お友達と距離をとって、水に慣れ、早く

イルカのようにすいすい泳げるといいですね。

最後の「はじまり」です。総合運動部の

活動がスタートしました。

今日は、2競技が行われ、

ソフトボールは、

酒井けんた様と髙橋つとむ様が、

バドミントンは井かずこ様が、

コーチとして指導してくださいました。

子供たちは、「おっうまいぞ!」と

ほめられ、初日からハッスルして

いい汗をたくさん流しました。

笑う 学園生集会 生徒会よりビデオメッセージ

久々に学園生集会を開きました。

新型コロナウィルス感染症対策のため、

生徒会と担当の先生がビデオメッセージを作成。

それぞれの学級でしっかり視聴しています。

新しい学校生活様式のために工夫されていました。

みんなが視聴したビデオを

こちらのコーナーにアップしました。

個人情報保護の観点から氏名をぼかしています。ご了承ください。

学校 ICTを活用した「未来の学校」創造プロジェクト

皆さん、ご存知のように新しい学習指導要領が

今年度からスタートしています。

ますます、

子供たちが地球上のさまざまなことやものを考え、

学んだことをどう生かして、

私たちの未来のすばらしい世界を創っていく力を育てる教育が

問われていきます。

私たち産山学園では、これまでの言語活動を大切に

これからの未来を拓く「情報活用能力の育成」にも取り組んでいきます。

産山学園には、一人1台のタブレットPCがあるのですから。

 

先日、熊本県教育委員会と熊本県立教育センターの先生方4人が

学園を訪問され、

ICTを活用した「未来の学校」創造プロジェクトの指定をいただきました。

この「情報活用能力の育成」に

県教育委員会と県立教育センターの

バックアップをいただくことになりました。

 

各ステージ毎に設定しためざす子供たちの姿に向かって、

私たちはがんばっていきます。

 

にっこり 美しいお花、ありがとうございます!

6月30日(火)、素敵なサプライズがありました。

教育委員の筑紫米子様が来校され、

アスチルベの花をいただきました。

薄いピンク色で鮮やかなアスチルベの花を

玄関に飾ると、玄関がぱっと明るく

なりました。

「高日先生、このきれいな花はなんていう花ですか?」

「アスチルベよ。梅雨の今頃に咲くのよ」(下の写真)

子供たちも職員も心が豊かになりました。

筑紫様、本当にありがとうございました。

笑う お客様 もと消防団長の 酒井幸徳 様

6月29日(月)のお昼に

もと消防団長の酒井幸徳 様が

学園に来てくださいました。

このホームページ等をご覧になって、お客様をお迎えしますという

アナウンスをお読みになって、先日の鈴木様に続いて

「わしも!」

と来ていただきました。うれしかったですね!

 

お土産に

オオクワガタとニジイロクワガタを持ってきてくださいました。

すごいですよ。見に来てください。

酒井様

 

オオクワガタ

 

ニジイロクワガタ

 

今日は、今週の学力検査前で

お昼から今村副校長先生と作業もあって、子供たちは

校長室にはいませんでしたが、

酒井様といろんな話ができたことを大変うれしく思います。

私の出身地である南関町のこともお話しできました。

酒井様、ありがとうございました。

2時から会議があるからと長話をしてすみませんでした。

また、お時間ある時に、お越しください。

 

皆様もちょっと役場によったから!とか

でもかまいません。

どうぞ学校に、校長室にお立ち寄りください。みんなで歓迎いたします。

笑う 早く行きたいな!産山探検!

「早く探検に行きたいです!」

「産山のお肉や野菜がおいしい

ことがわかりました!」

6月29日(月)、2年生はうぶやま学の

「まちたんけん」の授業で、うぶやまの

おいしいものについて学習しました。

ゲストティーチャーは、村役場企画振興課の

長浜光平さんです。

長浜さんは、産山のおいしいものを

1つ1つ写真を見せながら、紹介してくれました。

「赤牛だ!」

「この店、知ってる。行きたい!」

「池山水源だ!きれい!」

「ヤマメが泳いでる!」

「おいしい野菜もいっぱいある!」

2年生の顔がどんどん笑顔になっていきます。

 

「何か質問がある人?」と前川先生がたずねると
熱心な2年生からはたくさんの質問が出ました。

長浜さんは、一つ一つに丁寧にこたえます。

最後は、「早く探検に行きたくなりました。」

「本日にありがとうございました。」

と、長浜さんに感想とお礼をのべて終わりました。

行くぞ2年生、探検に!エイエイオー!!

笑う 手作りのマスクをいただきました 兵庫県の脇田様より

ちょっと更新が遅れました。すみません。

一昨日、兵庫県在住の脇田康宏様より手作りのマスクをいただきました。

脇田様は、産山小学校と村の社会福祉協議会がすすめてきた

「子どもヘルパー活動」に感銘を受け、10数年来、手作りのグッズなどを

毎年送って、支援されてきた方です。

脇田様は今年で84歳になられますが、

昨年、体調を崩され、右手にしびれが出たために、手作りグッズ支援を

中断されていました。

しかし、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のために、産山学園の子供たちにと

しびれる手をかばいながら、マスクを一つ一つ作ってくださいました。

先日、学校に脇田様から電話がありました。

2月から製作を進められたとのことで、児童生徒数と職員数をお確かめになり、

足りる!と安堵しておられました。

届いたマスクは、今、職員室のテーブルで披露していますが、来週にはお子様に届けます。

 

ヒゴタイ交流も同じ、相手を思いやる気持ちに距離はないと感じています。

私は、今日、脇田様にお礼の手紙をお送りしますが、

来週以降、みんなの感謝の気持ちをお伝えしましょう。

 

昼 御礼~村経済建設課の皆様へ

今朝、きれいになっていました。

写真は、南谷に向かう通学(登下校)路です。

 

路肩をきれいに除草してあります。

 

これまで私や副校長先生で時間を見つけて

できるだけ・・・と除草などの整備をしてきましたが、

こんなにきれいにしていただきました。

今朝、登校する子供たちにも話したところです。

ときどき、登下校する子供たちとゴミを拾うこともあります。

村の経済建設課の皆様のご配慮に感謝し、これからも環境美化に努めます。

ありがとうございました。

学校 わかる・できる授業をめざして

毎週水曜日は、学園の先生方全員が

参加して校内研修を行います。

研究部の先生を中心に、

「わかる・できる授業」について、

ワークショップやプレゼンを通して

意見を交換し、よりよい指導の

在り方を探究しています。

 

写真は、9年生の社会科の授業の様子です。

9年生は単元「第一次世界大戦と第二次世界大戦」

の学びのまとめとして、「第三次世界大戦を

どう防ぐか?」という発表テーマで、グループ

ごとに発表を行いました。

大戦を防ぐ意見として、

「自国のことだけを考えてはいけない」

「正しい知識を身に付ける必要がある」

「過去の2つの大戦の反省点に学ぶ」

「日常に目を向け、いじめなどを許さない」

などが出されました。

授業を参観していた先生方からは、「なぜ?と

疑問に思ったことを調べ、グループでテーマに

ついて検討し、分かったことを情報発信する」

ことに挑戦した9年生に賞賛の声が上がりました。

最後に、本単元をデザインした社会科の

古庄先生は、「この授業は、人権旬間の取組

の一つとして行いました。この経験を子ども

議会につなげてほしい」というエールを

9年生に届けました。

お祝い 熊本日日新聞「若者コーナー」に掲載~9年生

「今までの努力 忘れずに前へ」 9年生 岩下天音(あのん)さん

写真は著作権の関係上、ぼかしています。ご了承ください。

 

本日6月22日(月)の熊本日日新聞の朝刊「若者コーナー」に

本校 9年生の岩下天音さんの作文が掲載されました。

おめでとうございます!

文章中にこんな一節がありました・・・

 

「今は、前を向いて、次の目標に向かって進んでいくしかない」

 

そうです。

日々の学園生活でその力をつけていってください。

今日の社会科の授業でもお話ししたように

「行動力と発信力」はとても大切な力となります。

今後の皆さんに、期待しています。

 

にっこり 先生方みんなでプールそうじ

先日、6月17日(水)の職員会議の後、

先生方みんなでプール掃除をしました。

 

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のために

私たちはプール利用、特に更衣室の利用に大変気を使っています。

密にならないように、利用する児童生徒の人数を分けたり、

時間はかかりますが、使用後に消毒をしたりすることになります。

 

村の教育委員会の協力を得ながら、

大小2つのプールもきれいにできました。

7月には何とか水泳も実施できそうです。

例年よりも水泳の時間数は減ることになりますが、

水泳をしたい子供たちにとってプールの時間はもうすぐです。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

笑う よりよい学園づくりをめざして~第1回委員会活動!

先週行われた職員と委員長の合同ミーティングを受け、

昨日6月18日(木)に第1回委員会活動が行われました。

よりよい学園づくりは、

5つの委員会(学習図書、生活体育、保健給食、放送、環境)

と執行部が、それぞれに責任をもって活動することで

実現します。

特に、委員長、副委員長や書記を務める9年生・8年生の果たす役割は大きいです。

年間活動計画や活動内容について、丁寧に説明する委員長の皆さん、

説明を真剣に聴く5年生以上の委員の皆さんの姿に、

学園の明るい未来を感じました。               

今村 拝

笑う お客様 消防団の鈴木団長

今日は、大きな大きなお客様が学園に来られました。

産山村消防団の団長 鈴木健士 様です。

副校長室でパチリ!

 

鈴木様は、少年消防にも尽力いただいています。

消防、防災にも、教育にもとても熱い方です。

産山学園の後期課程の子供たちを中心に、規律ある行動ができるのも

少年消防のおかげです。

今年は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のために、

少年消防の活動も厳しいところがありますが、

これからも責任と規律ある行動の育成にご協力ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

※今日は鈴木様にお越しいただきましたが、産山学園では、

地域の皆様のご来校をお待ちしております。

どうぞ遠慮なく、校長室までお越しください。

お茶ぐらいしかお出しできませんが、

いろいろなお話をお聞かせください。

お待ち申し上げます。 

村上 拝

にっこり 毎日交通安全を守ってくれる古閑さんに

僕は、毎朝、徒歩通学をしています。

安心して通学できるのは、古閑さんのおかげです。

僕の家の近くや登校班の集合場所まで

見守りをしてくださいます。

 

それも毎日です。

 

毎日見守りに来てくれる古閑さんに

とっても感謝しています。

 写真は後日掲載します。

特派員でした。

 

学校 水難避難(引き渡し)訓練

九州北部豪雨など、過去の経験を教訓にし、

豪雨から大切な命を守るために、

6月17日(水)、水難避難(引き渡し)

訓練を行いました。

当日の天気は曇りでしたが、「非常に

激しい雨が降った」という状況を想定して

子供たち、職員、保護者の三者が協力し

真剣に訓練に取り組むことができました。

以下の写真は、訓練時の様子です。

自然災害発生の時間や場所を特定すること

は困難ですが、危機意識を高めることで、

情報をつかみ、早めに避難したり、

訓練を生かしたりして、被害を最小限に

食い止めることができます。

本訓練にご協力いただきました保護者の皆様に

心より感謝申し上げます。今後とも学校と家庭

との連携をよろしくお願いいたします。

 

学校 ようこそ!村議会議員の皆様~村の施設視察

本日、6月17日(水)午前9時過ぎから

産山村村議会議員の皆様が、村内施設の視察で学園にお越しになりました。

産山村の課長様方も同行されておりました。

1時間目の時間帯でしたが、

先生方、子供たちも張り切ってお迎えしました。

どの学級でも電子黒板(ICT)を使いながらの授業でした。

タブレットを使われた先生もいらっしゃいました。

子供たち、先生方の学校再開後の

がんばる立派な姿をご覧いただけたことと思います。

産山学園では、村の大切な予算を効率的に使わせていただき、

村の子供たちのための教育活動を進めています。

今後ともよろしくお願いいたします。

お祝い 熊日・RKK交通安全ポスターコンクール 優秀賞!

第7回のRKK交通安全ポスターコンクールで

本校の2年生、井粋二郎さんの作品が優秀賞に輝きました。

先週末に担任の前川華織先生に会場に行っていただきました。

県下でも500点近い、多くの作品の中から選ばれた力作です。

赤牛を後ろから描いた工夫された構図ですね。

学園の皆さんも良い刺激を受けますね。

粋二郎さん、おめでとうございます!

※作品と作者名が公表されていますので、こちらにも掲載させていただきました。

笑う 学校だより「わだち」の第8、9号を掲載しました。

6月13日(土)、学園の子どもたちのご家庭に配付させていただいた

学園だより「わだち」の8、9号を学園だよりのページにアップしました。

学園だよりのページはこちらです。

さて、みなさん、6月12日(金)のお茶摘みが

RKKなどのテレビ放送されましたし、

6月13日(土)の熊本日日新聞にも掲載されました。

皆さんご存知のキムカズことRKKの木村和也さんからも

「拝見しました」というメールをいただきました。

私たちの教育活動に注目していただいています。

これからも地域や県内に産山学園の活動を発信していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

笑う 3・4年生、茶摘み体験! 

学校が再開し、授業時間の

やりくりなど大変ですが、

学園では、

国語や算数などの授業だけでなく、

(縮小してでも)野外での体験活動を行い、

子供たちのストレス発散、心のケアに

つながればと考えています。

 

<6月8日 月曜 うぶやま学>

3・4年生は、茶摘みを行う前に、

茶の栄養や歴史について学びました。

 

茶摘みの道具や栄養表を使い、茶摘みの仕方や栄養について

丁寧に説明される 佐藤富貴美さん(下の写真)

手作りの絵や地図を使い、茶の歴史について
分かりやすく説明される 植松なおみ先生(下の写真)

 

<6月12日 金曜 うぶやま学>
3・4年生は、茶摘みを体験。茶畑は井喜久雄さん

の畑をお借りしました。

「黄緑色のやわらかい葉を摘む」「密集しない」

ことを確認し、3・4年生は、一斉に茶摘みに

とりかかりました。

「先生、もうこんなにとりました!」

「(葉を鼻にあて)お茶のにおいがする!」

など、楽しく一生懸命摘むことができました。

教育委員会の方や先生方がたくさん手伝って

くださいました。

雨も降らず、子供たちのすてきな笑顔と汗を

見ることができてホッとしています。村上 拝

笑う ヒゴタイ交流 マスクへのお礼のビデオメッセージ

皆さん、ご存知のように

新型コロナウィルス感染症対策で必需品となったマスクですが

ヒゴタイ交流で

30有余年も親交のあるカセサート大学付属サティカセ校から

ジャン先生を中心にマスクが届きました。

そのお礼のビデオメッセージをこちらのホームページでも公開します。

こちらです。

なお、著作権の関係上、フリーの音源にしておりますことをご了承ください。

村上 拝

にっこり 子供たちに寄り添って:笹原、有住 両指導主事も・・・

今年度、産山学園には

産山村教育委員会より

強力なバックアップをいただいています。

それは、保護者、地域の皆様がご存知の方が学園に来られていらっしゃるのです。

主に、学力向上に関して、笹原照明 指導主事

そして、人権教育に関して、有住尚之 指導主事のお二方です。

笹原指導主事は、

子供たちの学びにつながる新聞記事をピックアップしていただき、

子供たちは、その記事を視写したり、感想を書いたりしています。

主に、7年生以上で取り組まれていますが、

良い文章に触れ、世の中のことを深く知り、考えることにつながります。

また、視写することで語彙も増えます。

 

赤ペンでアドバイス(個人名はわからないように加工しています。ご了承ください。)

 

有住指導主事は、

先日の学校の人権集会をはじめ、

村全体の人権教育に関わっていただきながら、

一人一人を大切にするという子供たちの

今、そして、将来につながる大切な考え方、行動を

アドバイスいただいています。

 

お二人の先生の取り組みは、

本校の先生方の取り組みとの相乗効果を生みだし、

やがて子供たちの姿となって、

表れてくることと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

喜ぶ・デレ あいさつからはじめよう~校内人権集会~

6月8~19日は人権旬間です。

人権旬間は、一人一人が「人権」について

立ち止まって考える大切な期間です。

 

6月9日(火)、学園では、

オンライン学習のノウハウを使ったテレビ放送と

いう形で校内人権集会を行いました。

まずは、酒井生徒会長が、「挨拶の大切さ」に

ついて、全学園生に呼びかけました。

「挨拶で、人は元気になる」

「挨拶で、人と人とはつながる」

「だから進んで挨拶をしよう!」

という誠実なメッセージでした。

 

次に校長先生のお話がありました。

校長先生は「才能よりも人格」という

言葉を示しながら、人として何よりも

大切なことは「人格」であることを

学園生に伝えました。

 

テレビを通してでしたが、2人の話は

学園生一人一人の心に響いたと思います。

 

最後に、生徒会長と校長先生の話を聴いて

考えことなどを、各学級で自由に出し合い

ました。

「一部の人だけでなく、全員で挨拶をがんばる

学園にしたいです!」

「まずは進んで挨拶をして、人格を少しずつ

みがいていきたいです!」

 

今後は、学級委員会が中心となり、各学級ごとに

挨拶の継続に力を入れていきます。

また、安心した学園生活を送るために、

各学級で話し合って「学級の人権目標」を立てます。

今村 拝

笑う [新型コロナこどものニュース] 学校がはじまったけど、もとどおりすごしていいの? | おはよう日本 | NHK

新型コロナウィルス感染症の拡大防止。

再開された学校は、「学校の新しい生活様式」に取り組んでいます。

各学級の担任の先生から学校での過ごし方について指導があっていますが、

NHKのおはよう日本からも動画が配信されていますのでご紹介します。

お時間のある時に親子でご覧ください。

下記をクリックしていただきますと、リンク先に行きます。

[新型コロナこどものニュース] 学校がはじまったけど、もとどおりすごしていいの?