お知らせ

校訓

 

 

 

山鹿市教育大綱

新着情報
7月19日(金)の4校時に、1学期の終業式を行いました。暑さ対策のためにランチルームでの式でした。最初に3名の生徒が1学期を振り返って作文を発表してくれました。それぞれが自分の生活をしっかりと見つめ、分析し、改善点や頑張りたいことを焦点化して夏休み、そして2学期で取り組んでいきたいと語ってくれました。これからへの意気込みがあふれるとてもよい発表に、生徒たちも先生たちも大いに刺激を受けました。3人のみなさん、ありがとう。生徒のみなさん、今日で1学期は終了しますが、みなさんの1学期のがんばりはすばらしかったですよ。自信を持って夏休みを過ごしてくださいね。まずは、健康第一です!
7月18日(木)7校時は学習相談会でした。7月11日の学活の際に、生徒たちは学習の仕方や学力の付け方などを尋ねる質問状を教科担任宛に書いていました。その質問状に先生たちが答える会が本日行われたのです。まず、質問が多かった数学・理科・英語の学習の仕方について全体で、その後は教科ごとのグループに分かれて、生徒たちが聞きたい教科の先生のところに行って答えてもらうという形で行われました。生徒たちはメモを取りながら真剣に聞いています。学力をつけたいという思いがあふれる会となりました。生徒のみなさん。今日の話をヒントに、さっそく実行してみましょう。
7月18(木)の午後。あやすぎ教室では、1学期のがんばりをお互いに讃え合うお楽しみ会が行われていました。これまでのがんばりがそれぞれの笑顔から感じ取れます。とてもいい雰囲気ですね。この笑顔を夏休み、そして2学期へとつなげてくださいね。
7月18(木)。1学期も残すところ、今日と明日の2日となってしまいました。1学期の仕上げとしてみんな元気で授業に参加しているのかなぁ?と、朝一番の教室のようすをのぞいてみました。まずは3年生。英語の授業でしたが元気あふれる勢いでペアでのSmall Talkに臨んでいました。2年生は社会。夏休みの課題が配付されていましたのでさっそく黙々と取り組んでいました。1年生は音楽。これまでの学習の確認テストが行われていて、先生から出される口頭での問題に、各自が考えた答えをノートに書き込んでいました。どの学年も朝から元気に頑張っています。素晴らしいですね。
7月17日(水)の午前9時。鹿北町文化協会の稗島会長と野中事務局長に出席いただいて「かほく未来会議」を行いました。9月最後の日曜日に実施する「あつまれ芸術の森in鹿北」に向けての会議で、昨年度から企画運営を担当する2年生が開催しています。今回は文化協会や地域の視点で意見をいただきました。2年生にとっては地域の方と直接話す初めて会議のためでしょうか。緊張していつもよりも堅い雰囲気となってしまいました。そのような中でも、一生懸命に説明したり質問を受けたりする姿が印象的でした。よい経験をしていますね。これから実施に向けてより具体的な計画をしなければなりません。細かいところまで考えながら取り組むことになります。頑張れ2年生! 次回の会議での提案を楽しみにしています。ご出席いただいた稗島様、野中様、ありがとうございました。
7月17日(水)の朝、鹿北小6年生が修学旅行に出発しました。たくさんの保護者や先生に囲まれての出発式。子どもたちはみんなうれしそうです。お世話になる運転手さんやバスガイドさん、添乗員さんにごあいさつ。そして見送りのお父さん、お母さんに「行ってきます」のごあいさつをして元気にバスに乗り込みました。バスが動き始めると、下級生たちもあちこちからうらやましそうに手を振りながら見送っていました。2日間、天気もよさそうです。6年生のみなさん、しっかり楽しんできてくださいね。
7月13日(土)、県中学校総合体育大会弓道競技大会が行われました。時折雨が落ちてくるあいにくの天気でしたが、会場の荒尾市運動公園弓道場は緊張感と熱気であふれていました。まずは団体予選。3人が1人4矢の2立で臨みますが、男子は2立目で抜け出して3位、女子は1立目でのがんばりがきいてこちらも3位で決勝トーナメントに進みました。個人戦は2人が予選を突破し決勝へ進みました。午後の団体決勝は男子が準決勝を勝ち上がりましたが、惜しくも決勝で敗れて準優勝。女子は準決勝で敗れて3位でした。個人決勝では手に汗握る接戦を制して3年男子が優勝、2年女子が準優勝でした。午前中の予選から午後の決勝まで心がしびれるような戦いの連続でしたが、男子も女子も、3年生も2年生も、応援の1年生も、すばらしい集中力を発揮して、鹿北中の底力を見せてくれました。3年生にとっては大きな区切りとなる大会です。選手のみなさん、これまでよく頑張りましたね。感動しましたよ。ありがとう。大会運営の関係者の皆様、送迎や応援の保護者の皆様、素晴らしい大会をありがとうございました。
7月12日(金)の6校時は授業参観でした。1年生は社会、2年生は英語、3年生は学活(進路の学習)、あやすぎ教室は社会と英語、それぞれの教室で授業を見ていただきました。その後は各学年で学級懇談会。平日にもかかわらず、100%に近い出席率で、鹿北のすごさを再認識したところです。保護者の皆様、ありがとうございました。
7月12日(金)4校時は、3年生を対象とした租税教室でした。3年生の社会は公民を学習していますので、その一環としての授業です。講師として山鹿市の坂井税理士事務所から来ていただきました。税の役割や仕組みについて、DVDを視聴したり、資料を使ってのお話を聞いたりしながら楽しく学習することができました。これからも社会科の中で学習を続けていきます。坂井様、ありがとうございました。
7月11日(木)の6校時は全クラス学活でした。テーマは「家庭学習の意義と約束事」。エビングハウスの忘却曲線を使いながら「なぜ家庭学習をしなければならないのか?」を考えたり、自分に必要な家庭学習や自分に合った学習方法を考えたりしました。全校あげて家庭学習の在り方を模索中です。
7月10(水)の1校時に教室を回ってみました。3年生は実力テストの2日目。社会の問題と格闘していました。2年生は国語。漢字の学習でした。1年生は家庭科。これから作るティッシュケースの材料となる生地選びをしていました。あやすぎ教室は自立活動の時間でした。みんな真剣なよい表情です。1学期の授業日もあと6日となってしまいました。残りわずかですが1学期の仕上げとして頑張りましょう!
7月8日(月)7校時は花苗植えでした。生活環境委員さんたちが準備をしてくれ、技術の先生と生徒たちが種から育てたマリーゴールドの苗をみんなで花壇に移植しました。今年は白いマレーゴールドも混ざっているそうです。どんな花が咲くのか今から楽しみです。みんなで大事に育てましょう。
7月8日(月)の昼休み。三楠の堤様から「鹿北小・中学校の給食で使ってください」と、お米とタマネギそれぞれ90kgをいただきました。「鹿北小中大運動会で『鹿北音頭』が踊り継がれている新聞記事を読んで、涙が出るほどうれしかった。これまで続けてもらっていることへの感謝とこれからも踊り続けてほしいという思いで何かしたかった。自分が作ったお米とタマネギを食べて児童生徒に元気がんばってほしい」というお言葉も添えていただきました。代表で受け取った児童生徒も給食の先生もうれしそうな笑顔です。実は「鹿北音頭」の作詞者は堤様のお父様である久雄(きゅうお)様。「きゅうお」にちなんで90(キューオ)kgの寄贈に決めたとのことでした。なんともオシャレですね。言葉遊びの術が父から子へと受け継がれていると感動しました。堤様、ありがとうございました。鹿北小中学校みんなでもりもり食べて元気いっぱい頑張ります!
7月8日(月)。何やらにぎやかな声が聞こえてきます。廊下の窓からのぞいてみると、校舎横の通路を保育園児がお散歩中でした。おもわず「どこに行っているの?」と聞くと「畑。」とのこと。「何しに行くの?」には「ブルーベリー取り。」と応えてくれました。しばらく見ていると、学校横の畑に到着してブルーベリー摘みが始まりました。その様子があまりにもかわいかったので写真に撮ってしまいました。たくさん取ってくださいね!
7月8日(月)。今日から7月も第2週目です。午前7時の気温は29℃。生徒たちは汗をかきながら登校してきました。授業の様子はどうかと2校時に教室を回ってみました。1年生は英語の学習。Whatの使い方を練習していました。あやすぎ教室では集中して問題を解いていました。3年生は美術。夏休み描くポスターの準備をしていました。2年生はプールで水泳。着いた頃には授業の終わりとなり、みんなプールサイドで授業のまとめをしていました。「2年生のみなさん、行くのが遅くなってすみません」とプールを後にしようとしたときに、ピシッと並んだ靴を発見。さすがです! こんなところが鹿北中生の素晴らしいところですね。みんな暑さに負けず頑張っています。
7月7日(日)。山鹿地区にある鹿本農業、鹿本商工、鹿本、城北の4つの高校と、かもと稲田支援学校高等部が集まっての合同の進学説明会が、鹿本市民センターにて行われました。山鹿市と近隣の中学生及び保護者に向けて毎年実施されています。各高校のブースには興味を引く内容が工夫して展示してあり、先生や生徒さんたちが自校の特徴や学校生活の様子などを丁寧に説明してくださいました。会場を見渡すと、本校の生徒・保護者がそれぞれのブースで熱心に説明を受けている姿がありました。また、本校を卒業した先輩が説明する側として参加していて、自分の高校の魅力を熱く語っている姿もありました。高校でもリーダーとして頑張っている姿がとても頼もしく見えました。説明する側も受ける側もエネルギッシュで、熱気あふれる説明会でした。高校等の関係者の皆様たいへんお世話になりました。
7月5日(金)。明後日が七夕です。7校時に音楽部の生徒と顧問の先生が七夕コンサートを開いてくださいました。七夕や星、宇宙にちなんだ曲や、アニメ・CMでおなじみの曲などをリコーダー演奏や歌で披露してくれました。生徒たちはじっと聴き入ったり、指でリズムを取りながら聴いたりしていました。最後はみんなで合唱。心いやされる素晴らしい時間でした。音楽部の皆さん、先生方、ありがとうございました。
7月4日(木)。2年生は総合的な学習として戦争体験講話を聞かせていただきました。2年生は沖縄への修学旅行の事前学習として、また人権学習として沖縄戦について学びながら平和学習を深めているところです。その学びの一環として「地元鹿北における戦争体験を直接聞かせていただくことによって自分ごととして戦争と平和について考えたい」という思いで今回お話を聞きました。講師は広見在住の立山様です。御年100歳です。実体験をもとにした戦前、戦中、戦後の鹿北町の様子やそのときの状況などを、ご家族が作成された画像に合わせて話していただきました。生徒たちは真剣に聞きながら、戦争の悲惨さや平和の尊さを感じていました。最後はお礼として「野口雨情童謡メドレー」を披露し、喜んでいただきました。修学旅行までにさらに学習を深めていきたいと思います。
7月5日(金)。今日の朝の活動は「読み聞かせ」でした。今回も3人の先生に来ていただきました。七夕や星の話、原爆や戦争、平和についての話など、今の時期を踏まえた、そして夏休みを意識したお話をしてくださいました。生徒たちの表情には心で聞いている様子がうかがえます。改めて、すばらしい時間だと思いました。先生方、いつもありがとうございます。
午後3時30分、生徒たちを乗せたバスが帰ってきました。おかえりなさい! お世話になった運転手さんへお礼とお見送りをした後に解団式を行いました。みんなたいそう疲れた様子でしたが、気持ちを整えて解団式に臨んでいました。話す人の目を見て聞いたり、うなずきなどの反応をしながら聞いたり、問いかけに自分なりの言葉で応えたり、しっかり拍手をしたり…。話を聞く姿ひとつとっても「自分からやってやろう」とする様子がうかがえ、集団宿泊での成長を感じました。引率された先生方も1年生の頑張りをとてもほめていらっしゃいましたよ。1年生のみなさん、たくさん学んだ2日間でしたね。頑張った自分に自信を持って、今日はゆっくり休んでください。明日元気に会いましょう! お疲れ様でした。
鹿北中のチャレンジ

 

令和6年度 鹿北中 グランドデザイン

 (上の文字をクリックしてください)

令和6年度本校教育の概要です。目標とともに、どんな実践をとおして、どんな力をつけていくのか示しています。

 

令和6年度 鹿北中 取組の方向

 (上の文字をクリックしてください)

令和6年度本校教育の方向性を示しています。生徒たちには「君たちが、次の50年に向かう『第一走者』だ。よき流れを創り出してほしい」と話しています。

 

令和6年度 鹿北中 取組の重点

 (上の文字をクリックしてください)

令和6年度本校教育の取組の重点を示しています。「家庭学習の定着」と「人間関係づくり」に重点的に取り組みます。

 

新型コロナウイルス感染対策の徹底

 熊本県でも、デルタ株の流行により、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大しています。予防法は、以前と変わりませんが、基本的な予防を念入りにしましょう。

 新型コロナウイルスをなくす事は難しいですが、感染の拡大を防ぐことはできます。みなさんの健康と生活を守るためには、一人一人の意識と行動が大切です。感染予防の行動を習慣化する生活を確立してください。

 また、心配な事や不安な事があれば、いつでも相談してくださいね。(保健室より

感染対策の徹底

(上の文字をクリックしてください。)

生徒会活動

 

 

 4月生徒会目標&活動

「鹿北中らしさ」

◇各委員会らしさを知る

常時活動を知る。年間活動計画を知る。見える化

◇新入生を気持ちよく迎え入れる

アドバイスを送る。

部活動

一射入魂、弓道部

気合いの女子ハンドボール部

団結の野球部

笑顔と元気を届ける音楽部

鹿北中学校 新・学びの姿

※ 令和2年11月12日 学習図書委員会作成

鹿北中生が大切にしていること

今、大切にしたいこと

大切にしている実践 ~思いを伝え合う活動~
震災復興プロジェクト
鹿北体操
令和3年度より、鹿北小・中学校は小規模特認校となります

自分再発見のチャンス!

 小規模特認校申込書.docx

 以下の方法でも、申込書をダウンロードできます。

 山鹿市ホームページ→やまがの教育→学校教育→学校案内と進んでいただき、「令和3年度から鹿北小・中学校が小規模特認校になります」をクリックしていただくと、申込書をダウンロードできます。

歌声が響く鹿北中学校

「成長」の意味・「前進」の意味

自然災害・不審者出没等における安全確保について

 通学が危険な場合の自宅待機・臨時休業

◇前日に連絡するか、当日朝6時迄に安心安全メール、ホームページ、地区連絡網(4月26日配付)等で連絡します。

下校が危険な場合

◇生徒は学校に待機し、各家庭に連絡します。下校の安全が確認され次第、学校に迎えに来ていただきます。

   大雨、積雪、増水、雷等で登校が危険と判断された場合には、保護者判断で自宅待機をお願いします。自宅待機の場合には、学校または担任の先生に連絡をお願いします。

山鹿市立鹿北中学校

 Kahoku Junior high school

〒861–0601 

熊本県山鹿市鹿北町四丁1464番地
Tel  0968–32–2019  Fax 0968–32–3797
E-mail y-kahokujh@educet01.plala.or.jp 

Chief administrator    
                Kiyoshi Murakami 

Management personnel 

                Kiyoshi Murakami