校訓

 

 

 

グランドデザイン
新着情報
 11月25日(木)の6時間目、県教育委員会より講師の先生に来校していただき、道徳の研究授業及び授業研究会を行いました。  授業は3年生教室にて、「考え、議論する道徳」についての提案授業。3年生が「高く遠い夢」の読み物資料を使って、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんの生き方について学びました。  「なぜ、何度もチャレンジするのか。70歳のなってもなぜエベレストに登るのか。」一人ひとりが自分の考えをまとめたあと、班をつくってお互いの意見を交換し合いました。  その際、話し合いカードの中から特に、「意見には必ず理由を添える」を意識することをアドバイスしました。  活発な話し合いが行われ、その後、各班の代表が、班の意見交換の様子を発表し、意見交換を通して感じたことや深まったことなどを自分の言葉でみんなに伝えました。  3年生集団の質の高さ、支持的風土、学ぼうとする意欲などが土台にあることで、意見交換が活発に行われ、深まりのある授業を行うことができました。  放課後の授業研究会では、3年担任の先生からの自評、先生方が3つのグループに分かれて、「考え、議論する道徳」について話し合いを行い、各班の代表...
 11月25日(水)、今日から生徒会役員選挙に向けての選挙運動期間が始まりました。  朝、児童生徒の登校に合わせて、立候補した生徒が「こんな学校を創っていきます!」と大きな声で訴えていました。  小学6年生も選挙権があるので、登校してくる鹿北小6年生にも思いを伝える姿が見られました。  鹿北中の生徒会活動は、年々、活発になってきています。この流れをしっかり受け継ぎ、自治力をさらに高めてくれることを期待しています。  立会演説会が1日(火)、投票日は2日(水)となっています。一人ひとりが自分の一票の権利を責任をもって行使してくれることと思います。  ※ 給食時間には、書記に立候補した生徒が各教室を回って自分の考えなどを伝えました。  
 11月24日(火)、15時より、中学校ランチルームにて鹿北小中学校合同学校運営協議会を開催しました。  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、なかなか開催できませんでしたが、ようやく行うことができました。  今回は、斎藤順孝様が会長を辞任されましたので、はじめに、会長及び副会長の選出を行いました。  次に、新会長となられた立山憲介様よりあいさつをいただき、小中学校長より学校経営方針の説明と、委員の皆さまによる承認、その後は、意見交換を行いました。  委員の皆さまからは、鹿北の様々な人材活用を行ってほしい。ふるさと鹿北を大切にできる子どもを育ててほしい。保小中のつながりをこれからも大切にした教育を行ってほしい等のご意見、ご要望をいただきました。  ご多用の中、ご出席いただきました委員の皆さま、本日はありがとうございました。  また、会長として学校運営協議会をまとめていただきました、斎藤先生、長い間たいへんお世話になりました。心よりお礼申し上げます。  また、新会長となられた、立山様、今後ともよろしくお願いいたします。
 11月24日(火)、鹿北ふれあいデー後の次の一歩。この一歩をどう踏み出すのかが大切となります。  1年生の数学の授業を参観させてもらいました。真剣に授業に参加し、学ぼうという意欲が感じられる教室。自分で問題を解き、その後、友だちにアドバイスしたり、相談し合う姿がたくさん見られる授業。充実した「学び」が展開されていました。   1・2年生は、生徒会選挙を経て、学校づくりの主体者として活躍する、そんなステージへと進んでいきます。  話し合いを重ね、どんな学校を創っていくのか具体的な姿を示してくれることを楽しみにしています。  そして、目の前にそびえる3年生という大きな存在を越えられるよう、気合を入れて新たな一歩を踏み出してほしいと思います。  3年生は、卒業後の進路決定の時期が近づいてきています。 12月に入ると三者面談が始まり、願書書きなど入試に向けた取組が始まります。  人生の中で初めての、そして、大きな選択。その選択をする力は、一人ひとり十分についています。いろいろな人に相談しつつも、最後は、自分が進むべき次の一歩に向けての選択は、自分自身でしてほしいと思っています。
 11月21日(土)、午前10時より、ほっと岳間(旧岳間小学校)にて、「鹿北ふれあいデー」を開催しました。  「鹿北ふれあいデー」開催にあたっては、ほっと岳間の皆さま、食の名人の皆さま、地域の皆さま、保護者の皆さまなど、たくさんの皆さまに支援をいただきましたこと、あらためてお礼申し上げます。   新型コロナウイルス感染拡大により、地域行事が軒並み中止となり、例年のように、地域の皆さまと一緒になって取り組んできた活動ができなくなったこと、特に、かほくまつりが中止となり、交流の場がなくなったことがとても残念でなりませんでした。  このような状況の中、中学3年生を中心に、いつもお世話になっている地域の方々に何とか笑顔になっていただきたい、感謝の気持ちを伝えたいとの思いを具体的な形として創り上げたのが「鹿北ふれあいデー」です。  地域の皆さまと各学年の生徒代表が協議を行う「かほく未来会議」を開き、中学生の思いをお伝えし、地域の皆さまからもご意見等をいただきながら、試行錯誤しながら準備を進めてまいりました。  中学生にとって、ひとつひとつが手探りの状態で、不安も大きなものがありました。  1年生...
 11月20日(金)、明日の「鹿北ふれあいデー」の準備のため、午後から旧岳間小学校に行きました。  1年生は、劇のリハーサル、足水や鹿北のすばらしさのパネル展示、2年生は、カフェのメニューの炊き込みご飯、みそ玉の準備や抹茶マフィンづくり、3年生は、読み聞かせやペットボトルキャップアート、金魚すくい等の準備、体育館内の設営や飾り付け、音楽部とのリハーサルなどに取り組みました。  また、15時10分からは、体育館で全体リハーサルとして、「幸せ運べるように」、「花は咲く」、「山のいぶき」の合唱練習を行いました。  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全生徒マウスシードルをつけての練習となりました。  地域の皆さま、保護者の皆さまのご協力いただきながら、本日の準備及び明日の運営を行っていきます。  「鹿北を元気に」のテーマのもと、明日は鹿北中生から「感謝」「笑顔」そして、「希望」を鹿北の皆さまにお届けできるよう頑張っていきます。  開会は10時。鹿北の皆さまのご来場を心よりお待ちしております。     
 11月18日(水)3年男子生徒3名が、21日(土)の鹿北ふれあいデーで披露するオリジナル「鹿北体操」のDVDと、DVDに印刷する絵を校長室まで持ってきてくれました。  3年生が考えたオリジナルの健康体操。鹿北町の皆さまのため、試行錯誤しながら作りあげた「鹿北体操」です。  鹿北町の特産品であるたけのこのポーズなどを取り入れたユニークで楽しいものに仕上がっています。  21日のふれあいデーで、多くの皆さまとともに鹿北体操を披露している3年男子生徒の姿が目に浮かんできます。
 11月18日(水)の昼休み、調理室には1年生と2年生の生徒が集まっていました。  1年生は、鹿北のお茶の飲み比べにチャレンジしていました。鹿北の各お茶屋さんから購入した特色あるお茶の味を味わい、ふれあいデーでは、多くの方々に鹿北のお茶を紹介したいと考えています。  1年生から「どのお茶を飲みたいですか?」と聞かれたので、「ゆずほうじ茶とごぼう茶をお願いします。」と言いました。  すると、温度管理など丁寧に行いながら2種類のお茶を入れてくれました。ゆずほうじ茶はほのかにゆずの香りがしてきました。  また、ごぼう茶は、もう飲む前からごぼうの香りが漂っていて、飲んでみるとさらにごぼうの香りが伝わってきました。とてもおいしくいただきました。   一方、2年生は、月曜日から毎日、里いもの皮むきをおこなってきました。月曜日は2kg、火曜日は1kg、そして今日、水曜日には2kgと、3日間で合計5kgの里いもの皮むきをおこないました。  一日カフェを成功させようと2年生みんなで協力しながら頑張る姿に、いい学びを経験しているなあと思いました。  20日(金)は、2年生のみ、3時間目からほっと岳間に行って、...
 11月17日(火)、18日(水)とグラウンドのいちょうが見事に色づきました。毎年のことですが、やはり「きれいだなあ!」と見入ってしまいます。 春のさくら、秋のいちょうと、1年のうちのほんのわずかな期間ですが、季節の移ろいを感じさせてくれます。  1週間ぐらいで、あっという間に葉を落とし、厳しい冬を乗り越える準備に入ります。グラウンドの木々は、3年生とともに、冬を乗り越え、今度は、満開の桜の季節を迎えることと思います。   
 各学年の教室では、日々、考えや思いを交流させる授業、教え合いや学び合いを大切にする授業が展開されています。  また、お互いの意見を尊重する支持的風土、一人ひとりが真剣に意欲的に授業に参加する雰囲気などが醸成されていて、「学び」に向かう空気が教室内にあふれています。  先生方は、課題や課題解決の方策を明確にした授業実践を約1か月間行い、その後、検証授業を公開する授業改善プロジェクトに年間を通して取り組み、授業力向上に努めています。  生徒も先生も、向上しようというエネルギーがみなぎる授業、これが鹿北中の授業の特色です。
 11月16日(月)、いつもより温かく感じる朝、生徒会三役の生徒が国旗・市旗・校旗を掲揚しています。「おはようございます」と爽やかなあいさつで、新しい1週間が始まりました。  小学校の正門の前に立っていると、登校してくる生徒が、元気よくあいさつしてくれます。いつもは一番遅く登校してくる生徒が、珍しく早く登校してきたので、声を掛けてみると、「新研究を学校に忘れたので、今からやらなければならないんです!」との声。  そして7時30分、野球部の生徒が鹿北グラウンドの前の道で、あいさつ運動を始めました。中学生は登校してしまったので、小学生や通る車に丁寧にあいさつをしていました。  消防署前から小中学校に続く直線道路では、小学校の校長先生がちょうどスクールバスから降りてきた小学生に声をかけていました。  あいさつ運動に立っていた鹿北市民センターの職員の方が、「向こうに見えるいちょうがハート型に見えませんか?」との一言で、手のひらにのるように写真を撮ってみました。みんなで見ながら、「ちょっと無理があるかな」と笑顔で話しました。  今日は、のんびりとした一日の始まりとなりました。
 11月13日(金)、14時より、鹿北市民センターにて鹿北未来会議を行いました。  11月21日(土)に行われる鹿北ふれあいデーに向けて、地域の方々と3回目の未来会議となります。  今日は各学年ごとに、地域の方々と具体的に細かいところまで打ち合わせを行いました。  3年生は、前日と当日の動きや日程調整など、全般的な調整を行いました。  2年生は、カフェの食材の量や調達及び保存などについての話し合いや、当日の動きなどについて打ち合わせを行いました。  1年生は、主に「足水」に使う1000リットルから1500リットルの水をどうやって準備するのかについて、地域の方々に相談や依頼をしました。  どの学年も、地域の方々に何でもやっていただくのではなく、自分たちでできることは自分たちで行い、どうしても地域の方々にご協力をいただく内容については、しっかりと交渉する姿が見られました。  ふれあいデーの取組を通して、現在、鹿北中生は大きな変化の時を迎えています。あとから振り返った時、あの時が鹿北中の転換期だったと言えるくらい「自立に向けての学びを創る」活動に全力で取り組んでいます。
 11月13日(金)の昼休み、2年女子生徒が、一日カフェの看板とメニューの図案が完成したので校長室に見せに来てくれました。  かわいらしい文字とイラストが描かれていて、全体的に優しさと温かさが伝わってくるように仕上がっています。  来週は、図案通りに木の板やボードに絵を描いたり、文字を入れていきます。どんな風に出来上がるのかとても楽しみです。  心がほっと和む図案を見せに来てくれてありがとうございました。 
 11月13日(金)の8時過ぎ、3階の3年生教室前に、2年女子生徒2名がやってきました。  そして、3年生教室の隣の部屋で、1週間後の20日(金)のことについて相談を受けました。  鹿北ふれあいデーの準備のための時間をもう少し増やしてほしいとのこと。なぜ、時間が必要なのか等々、丁寧に説明してくれました。  来週の昼休みなどの時間を使ってふれあいデーの準備を進めることや、授業を今まで同様に大切にしていくこと、給食については自分たちで、給食室の先生や学年の先生に相談に行き解決することなど、いろいろと話してくれました。  今までは、先生方に頼ることが多く受け身だった2年生が、いつの間に、こんなに自主自立の姿勢や態度が身についたのだろうと驚かされました。  午前中より、学校からバスで20分近く離れたところで活動するので、給食のことを解決できるのなら、準備時間を増やすことを2年生と約束しました。  どのように課題をクリアするのか、楽しみに待ちたいと思います。
 11月13日(金)、8時前、朝の3年生教室には、今日も一人ひとりの真剣な姿があふれています。  毎朝行われている勉強会は、自分の進路選択のために大切な時間。  わずかな時間ですが、このわずかな時間の積み重ねが、大きな結果に結びついていきます。今日より明日へ、一歩ずつ進んでいく3年生の姿を見ることができました。  ガンバレ、3年生!! 
 11月13日(金)の朝、放送室に向かう3年男子生徒と出会いました。一緒に放送室に入り、放送の準備をする様子を見せてもらいました。  今日、放送する内容を、すでに自分自身で考えているとのこと。さすが放送委員、さすが3年生です。  毎朝の放送委員のメッセージ、しっかり受け止めていきたいとあらためて思いました。
 11月12日(木)の7時間目、各学年総合的な学習の時間に取り組みました。  1年生は、先日訪問した茶業組合の方のお話を受けて、学級での話し合い活動行いました。お茶の提供について、どうすればお茶の生産者の方々の思いを伝えることができるのか、みんなで考えました。  2年生は、カフェに来てくれた子どもたちのために、折り紙で作ったプレゼントを作っていました。男の子用、女の子用があります。また、来店された方々に書いていただくハート型のメッセージカードを作っているグループもありました。   3年生は、ペットボトルキャップアート制作を行う生徒、ゲームや読み聞かせの準備など、それぞれ自分が担当する企画の準備を行っていました。  ランチルームでは、各学年実行委員が、明日、市民センターで行われる未来会議での地域の方々との協議内容について確認していました。   授業に支障がでないように、日課表を変更して、7時間授業を取り入れ、各教科の授業時数を確保しながら、新たな取組にチャレンジしています。
 11月12日(木)の昼休み、自衛隊員として頑張っている卒業生が来校してくれました。日々の訓練は厳しいけど、楽しい毎日を送っているとのこと。中学時代より、かなりたくましくなり、受け答えもしっかりしていて、大きく成長していることがわかり、うれしくなりました。  鹿北中を卒業した生徒が、成長した姿、様々なことにチャレンジする姿、時には、道に迷って苦悩する姿など、様々な姿を見せに来てくれることは、やはりうれしいものです。  ガンバレ、卒業生!!
 11月11日(水)18時より2時間、市役所4階にて、山鹿市校長会主催の勉強会が、山鹿市の先生方約50名が参加して行われました。鹿北中からも5名の先生が参加されました。  最初の演習では具体的な事例をもとに、班ごとに話し合いを行い、その後、菊鹿小・中学校の校長先生が解説を行いました。  実践発表では、鹿本小学校の先生が、4月に開校した鹿本小学校の学校づくりを先生方、児童が一体となって行っていることが紹介され、エネルギーと勢いがある実践が日々展開されていることが伝わってきて、大いに刺激を受けました。  講話は、栗川商店4代目代表で教育委員もされている、栗川亮一様にご担当いただき、様々な観点からユーモアを交えてお話をしていただきました。  人としてのスケールの大きさ、多岐にわたる人のつながり、にじみ出てくる人間的魅力など、教育にたずさわる私たちにとって、大切なものを見つめる機会となりました。  普段いそがしい毎日を送る先生方にとって、ちょっと立ち止まって自分自身を振り返り、他校の先生方との交流の時間を持てたことは、明日からの実戦への意欲につながったことと思います。  
 11月11日(水)、昼休み、選挙管理委員長と副委員長の3年男子生徒2名が鹿北小学校6年生教室に行き、生徒会選挙について、また、6年生にも選挙権があることなど説明をしました。  中学生の話を真剣に聞いてくれる6年生。なぜ自分たちに中学校生徒会の選挙権があるのかもわかってもらうことができました。  11月下旬には選挙運動が始まり、12月上旬に投票日を迎えます。鹿北小6年生は、令和3年度の鹿北中を、共に創っていくなかまでもあるのです。
令和3年度より、鹿北小・中学校は小規模特認校となります

自分再発見のチャンス!

 小規模特認校申込書.docx

 以下の方法でも、申込書をダウンロードできます。

 山鹿市ホームページ→やまがの教育→学校教育→学校案内と進んでいただき、「令和3年度から鹿北小・中学校が小規模特認校になります」をクリックしていただくと、申込書をダウンロードできます。

歌声が響く鹿北中学校

大切にしている実践 ~思いを伝え合う活動~
生徒会活動

 

生徒会三役

活動目標

・「花は咲く」を通して、何をすべきかを出し合い、感謝や元気を届けよう。

・「前進」の振り返りで、できるようになったことを振り返ろう。

活動内容

「花は咲く」の歌と手話の練習

・前進の振り返り

・叶うリボンの取組

みんなへのメッセージ

・花は咲く、ご協力よろしくお願いします。

・+α、代替わりに向けて各学年で意識してほしいこと。

学級総務委員会

活動目標

・清流アンケートの結果をもとに、後期に向けて学級を見直そう。

活動内容

・清流アンケートの集計、結果の分析

・清流祭と10月の委員会活動の振り返り

みんなへのメッセージ

・清流アンケートの協力ありがとうございました。これから清流アンケートの結果のくわしい分析を行います。学級での課題の共有についての日程は、今後、学級総務委員会からお知らせします。

・今週で前期が終わります。3年生は、生徒会年間テーマ「前進」の達成、2年生は、学校を引っ張るリーダーとしての準備、1年生は、学級のきずなづくりなど、学級で目標を明確にして学校生活を送りましょう。

学習図書委員会

活動目標

・みんなが率先してできる「学びの姿」を伝えよう。

・自分の役割を果たし、みんなが図書室を使いやすいようにしよう。

活動内容

・「学びの姿」の提案

・本の貸し出し呼びかけ

みんなへのメッセージ

・時間がないと思いますが、本を読む時間をつくってください。

・「学びの姿」を振り返って、自分たちの課題を見つけ改善していきましょう。

生活環境委員会

活動目標

・鹿北ふれあいデーに向けて、自分の当番の時には、責任をもって率先して水やりを行う。

・エコキャップ回収で、当番を忘れずに、役割を把握し、自分から意識を高めて取り組もう。

活動内容

・エコキャップ回収→毎週水曜日

・花の水やり

・紙パック回収

みんなへのメッセージ

・毎週水曜日に、キャップと紙パックを集めています。家にある人は洗ってから一人1個でもよいので持ってきてください。ご協力よろしくお願いします。

情報委員会

活動目標

・鹿北中ネット利用8か条の項目を意識して生活しよう。

活動内容

・鹿北中ネット利用8か条の中で、どの項目を意識するかの話し合い。

・掲示物の点検

みんなへのメッセージ

・鹿北中学校のネット利用8か条のアンケートをとります。きちんと守れているのかを振り返ってください。

健康委員会

活動目標

・学校保健委員会の運営を行う。

活動内容

・学校保健委員会での司会などの運営を行う。

・コロナウイルス予防の呼びかけを行う。

みんなへのメッセージ

・つめを切り、ハンカチを持ってきていますか?

・感染予防のため、ハンカチは毎日清潔なものを持ってきてください。

 体育安全委員会

活動目標

・冬場にできるトレーニングを考え、実行できるようにしよう。

活動内容

・カギ、タスキチェック。

・朝、放課後のトレーニング時の運営

みんなへのメッセージ

・寒くなってきて、トレーニングができなくなっているので、お風呂上がりなど、「腸腰筋」をぜひ鍛えてみてください。

動画
栄光を讃えて

㊗️ 野球部城北大会優勝

1回戦   鹿北中8 対 0玉東中

2回戦   鹿北中3 対 0菊陽中

準々決勝戦 鹿北中4 対 0菊水中 

準決勝戦  鹿北中2 対 0山鹿中

決勝戦   鹿北中2 対 1荒尾J・ B B C

令和2年8月10日

2学期、一人ひとりの「前進」

今、大切にしたいこと

鹿北中生が大切にしていること

 

 

自然災害・不審者出没等における安全確保について

 通学が危険な場合の自宅待機・臨時休業

◇前日に連絡するか、当日朝6時迄に安心安全メール、ホームページ、地区連絡網(4月26日配付)等で連絡します。

下校が危険な場合

◇生徒は学校に待機し、各家庭に連絡します。下校の安全が確認され次第、学校に迎えに来ていただきます。

   大雨、積雪、増水、雷等で登校が危険と判断された場合には、保護者判断で自宅待機をお願いします。自宅待機の場合には、学校または担任の先生に連絡をお願いします。

山鹿市立鹿北中学校

 Kahoku Junior high school

〒861–0601 

熊本県山鹿市鹿北町四丁1464番地
Tel  0968–32–2019  Fax 0968–32–3797
E-mail y-kahokujh@educet01.plala.or.jp 

Chief administrator           Ichiro Kori
Management personnel