新着情報
1月17日(木)、全校集会にて、鹿北小運動会と鹿北中体育大会の合同開催について今までの経緯を含め全校生徒に説明しました。1学期から小中学校の役員の皆さまと話し合いを重ねてきて、ある程度まとまってきた意見について、小中学校の保護者の皆さまへお伝えしアンケートに記入していただいたこと。そして、アンケートに書かれていた不安な点や質問に対して、授業参観の時に保護者に皆さまに説明させていただいたこと。さらに、12月には、学校運営協議会にて地域の皆さまにも説明をさせていただいたことなどを話しました。  今までに出されました意見や不安な点についても本日生徒に説明し、みんなからも意見を聞かせてほしいと伝えました。今後、担任の先生や部活動の先生等に生徒は話をすることと思います。それらの意見も参考にして、再度、小学校や保護者の皆さまとの話し合いを重ね、最終的にどうするのかを決定していきたいと考えております。  保護者の皆さまの中で、こんなことが不安、こんな風に考えているというご意見等がございましたら、遠慮なく学校にもお知らせいただきたいと思います。  児童、生徒の成長が一番大切ですので、その観点で今後も考...
 1月17日(木)、全校集会にて人権作文の表彰と女子ハンドボール部の表彰を行いました。女子ハンドボール部は、12月に行われた、山鹿市商工会主催第2回YEG杯ハンドボール大会において3位という結果を収めました。新チームになって新たな目標に向かって頑張っている中での表彰です。最終目標はまだまだ先ですが、一歩ずつ目標に近づくため努力を重ね、壁を乗り越えていくことを期待しています。
 1月16日(水)、山鹿市「夢プロジェクト講演会」が八千代座で開催され、山鹿市内の中学2年生が参加しました。司会進行は各学校の生徒会執行部が行いました。 講演はフラダンサーとして活躍されている合志市出身の石原聡江さんです。    石原聡江さん紹介  高校卒業後、ハワイに語学留学。ハワイ大学付属ハワイコミュニティカレッジフラダンス学科を卒業後、数多くのミスアロハを輩出する名門校HALAU O KAUA KANILEHUAのダンサーとなりました。  2012年帰国後、フラダンススクールを設立。ショー活動として、4年連続シンガポール公演を成功させるとともに、ショーダンサー育成に力を入れており、現在、熊本と福岡の2か所でフラダンスレッスンを行っています。また、シンガーとしても活躍され、全国各地を回られています。    講演は、石原さんのリズム感あふれるダンスから始まり、お話も終始明るくパワフルで、勢いに圧倒されました。 お話の中で特に印象深く感じたのは、『「生きる」という修行、試練をどうしていくのか。人生とは生活すること。生活するというのは「ご飯を食べる」こと。そのために、あなたは何をしますか。畑、...
 1月16日(水)、法務局より来校していただき、人権作文の表彰状を3年の女子生徒に授与していただきました。この人権作文は、校内人権集会や清流祭でも読まれた作文で、全校生徒でこの作文を通して、人権について意見を出し合い、人権尊重について考えました。その作文が賞をいただいたことが、とてもうれしいことです。
 1月15日(火)6時間目、図書室では、生徒会執行部の人たちが来週から始まる「給食週間」の取組について協議しています。新生徒会として初めて大きな企画に挑戦します。今週金曜日には、執行部の人たちが給食週間の取組についてランチルームで説明し、各委員会ごとの活動が予定されています。  一人一人が、このような取組を通して少しずつ成長していくことを楽しみにしています。
    1月15日(火)12時頃、かわいい来校者がありました。まほろば保育園の園児が「もぐら打ち」に来てくれました。グラウンド、1階から3階までの教室、ランチルーム、保健室などをまわり、「14日のもぐら打ち」と元気の良いかけ声で地面や床をたたいてくれました。  もぐら打ちは、竹に巻いたわらなどで家先や地面をたたいてまわる九州地方の伝統行事。もともとは田畑を荒らすもぐらの害を防ぐために行われていた作業が、五穀豊穣や家内安全を祈る儀式となったものです。子どもたちは回った家々からお餅を振る舞われます。学校では、一人一人にお菓子を配りました。園児も生徒も楽しそうな笑顔でいっぱいです。  学校中に元気のよい声が響きわたり、災いを吹き飛ばしてくれました。
 1月15日(火)昼休み、様々な場所で3年生の面接練習が行われています。会場に一歩入ると、もうそこは別世界。緊張の糸がピーンと張り詰めたような空気が漂っています。「どうして本校を志望したのですか?」、「本校に入学したらどのようなことにチャレンジしたいですか?」、「中学校時代、一番頑張ったことは何ですか?」などの質問に一生懸命答えています。まだまだ上手に答えられませんが、練習を重ねるごとに、自分の言葉で自分の思いをしっかり伝えられるようになります。  面接練習は毎日行われます。ガンバレ3年生。
 1月15日(火)、何となく体が重いかなと感じる3連休明け。朝7時前、だいたい6時40分過ぎから教室の電気がつき始めます。全学年誰かが登校してきています。まだ夜明け前で暗い中ですが、一日が始まっていきます。  昨年から行われていた、ランチルーム階段の屋根の取り付け工事。屋根の姿が初めて見えました。これで雨が降っても大丈夫です。
 1月12日、朝から小雨が降る土曜日。体育館では明日の天草での試合に備えて、女子ハンドボール部が練習をしています。体幹トレーニングやボールゲームなど、モチベーションを高めながら練習しています。1月4~6日、たくさんの試合を通して自分たちの課題が見えてきました。その課題を乗り越えるための試合。  ガンバレ、女子ハンドボール部  
 1月11日(金)9時00より、高森町「教育の情報化」研究発表会に参加しました。国道57号線から高森方面に向かう橋を渡る時に見えた景色には、熊本地震の傷跡が生々しく残っていました。復興の途上にあることをあらためて実感しました。  研究発表会参加の大きな目的は、「遠隔授業」を参観することです。10時から3年理科の授業を参観しました。授業は「私たちは、自然とどのように関わっていけばいいのだろうか。」との学習課題に対して、各班で、阿蘇山の噴火、熊本地震、地震のメカニズム、津波、防災、自然の恵みといったテーマに沿っての課題解決学習を行いました。  遠隔授業は理科室と阿蘇火山博物館をつなぎ、各班で調べたことについて、阿蘇火山博物館の先生から、学びを深めるための視点(アドバイス)をいただくというものでした。 たとえば、 〇噴火の時の対策について調べている班に対して 「中岳の活動の特徴を調べ、その上でどんな影響があるのか。火山灰が降ったことはみんな経験している。火山灰の影響について調べてみてはどうか。」   〇高森町の避難場所について」調べている班に対して 「ハザードマップに描かれているものは全体的なもの...
お知らせ

 インフルエンザ予防

 本校でも、インフルエンザにかかる生徒が増えるきざしがあります。まずは予防の徹底が大切。保健室よりすくすく」特別号が出ました。予防の具体的な取組が書かれています。読まれて取組を徹底しましょう。

すくすく インフルエンザ予防 特別号.jpg

第34週(1/14〜1/18)の主な予定

15日(火)12:00. もぐら打ち まほろば保育園より来校

16日(水)14:30. 2年夢プロジェクト講演会  八千代座

18日(金)15:10. 生徒会委員会活動

ホームページが正しく表示されない場合

12月27日(木)~1月6日(日)、最新システムへの更新が行われました。そのため、画面が正しく表示されない場合があります。対処方法は、以下の通りです。

画面右上のツール(歯車の絵)をクリック→互換表示設定をクリック→「higo.ed.jp」を削除→閉じるをクリック

よろしくお願いします。

  鹿北小児童会・鹿北中生徒会合同リーダー研修会【H30.12.26】

 

管理責任者  校長  郡    一路    運用担当者  教諭  坂口 嘉洋