部活動育成後援会規約

田浦中学校部活動育成後援会規約

第1条(名称及び事務局)

    本会は田浦中学校部活動育成後援会と称し、事務局を田浦中学校に置く。

第2条(目的)

    本会は学校体育である部活動が円滑に行われるための育成及び後援活動を目的とする。

第3条(事業)

    本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

    (1)学校体育目標達成のための計画運営に関する事項の審議

    (2)スポーツの練習や競技会への参加

    (3)その他本会の目的達成のために必要な事業

第4条(会員)

    本会は田浦中学校部活動生徒の保護者及びこれに賛同するものを持って組織する。

第5条(役員)

    本会は次の役員を置く。

     会長 1名  副会長 若干名  監査 2名(PTA監査兼務)

     事務 1名  会計 1名

第6条(役員の任務)

    本会役員の任務は次の通りとする。

    (1)会長は会務を総理し、本会を代表する。

    (2)副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する。

    (3)事務と会計は本会の事務及び会計を司る。

    (4)監査は会計を監査する。

第7条(役員の選出)

   (1)会長・副会長は、PTA会長・副会長が兼務する。但し、会長は副会長を委任することができる。

   (2)会長・副会長は総会において承認し、事務及び会計は会長が委嘱する。

第8条(顧問)

    本会に総会の承認を得て顧問を置くことができる。顧問は、運営について会長の諮問に応じる。

第9条(会議)

   (1)定期総会は新年度に開き、必要に応じて臨時総会を開くことができる。

   (2)役員会は、会長・副会長・事務・会計及び顧問を持って構成し、会の運営事項を協議する。

   (3)その他会長は、必要に応じて部活動後援会総会を開くことができる。

第10条(会計)

     本会の経費は、会費の他寄付金その他によって行う。

第11条(予算及び決算)

     会費は、田浦中学校部活動を援助するために次のことに使用される。

     (1)活動費

     (2)指導者旅費及び手当

     (3)事務費

     (4)教員外指導者手当

     (5)その他会長が認めた場合

第12条(各部後援会)

     各部活動に「部後援会」を置く。その構成及び運営は次の通りとする。

     (1)部後援会に部後援会長・副会長及び会計を置く。

     (2)部後援会活動は、部活動学校担当者と連絡・話し合いのもとで行う。

第13条(会計年度)

     本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

会費に関する細則

第1条 本会の活動に要する経として、部活動部員一人あたり年額5,000円を会費として納入する。但し、転入生入部については、月額500円を会費として納入する。

第2条 会費に関する条項の改正は総会の承認を必要とする。

付則

1 この規約は、平成30年4月15日に制定し、同30年4月15日から実施する。

活動費の支出に関する細則

第1条 活動費は次のように定める。

    基礎金額10,000円+1,000円×所属部員数

第2条 この細則は、役員会で改正できる。ただし、会長は次年度の総会に報告をし、その承認を求めなければならない。

指導者旅費の支出に関する細則

第1条 指導者旅費は次のように定め、支出する。

    ・指導手当基本金を1人5,000円とする。

    ・大会及び練習試合1回につき500円とする。

    ・1年間に1人10回までを上限とし、年度末に申請する。

    ・ただし、手当の支給については、予算の関係上、上記の通りとは限らない。

第2条 中体連主催等の地区大会で代表となり、県大会等に参加する場合の旅

費を次のように定め、支出することができる。(この場合、該当部の申請を必要とする。)

第3条 教員外指導者手当は、年額20,000円とする。

第4条 この細則は、役員会で改正できる。ただし、会長は次年度の総会に報告をし、その承認を得なければならない。