掲示板

今日の給食

11月25日(水)の給食

 本日の献立は、食パン、牛乳、汁ビーフン、レバーの甘辛煮、ブルーベリージャムでした。レバーの甘辛煮には、鉄分とカロテンがいっぱいのレバーのほかにさつまいもも入っています。さつまいもはからりと揚がるように、揚げた後に調味料を絡めてあります。

11月24日(火)、「和食の日」の給食

 今日、11月24日は「和食の日」です。日本は、海・山・里と、豊かな自然に恵まれ、様々な旬の食材と、旨みに富んだ発酵食品が豊富にあります。そして、ご飯を中心とする、栄養バランスに優れた食事の形をもつ「和食」の文化があります。11月24日は、「いいにほんしょく」と読み、「和食の日」になっています。本日の献立は、麦ご飯、牛乳、みそおでん、茎わかめの金平、いきなり団子でした。

11月20日の給食

 本日の献立は、米粉入りかぼちゃパン、牛乳、青豆のポタージュ、ししゃも香り焼きでした。食事のはじめには、「いただきます」とあいさつをします。これは、動物や植物すべての「命」に対して、感謝を表す言葉です。また、食事の終わりの「ごちそうさま」は、食事ができるまで走り回って(馳走)力をつくしてくださった多くの方に感謝をする言葉です。食事の際には心を込めてあいさつをしたいものです。

11月19日、ふるさとくまさんデーの給食

 本日11月19日は、ふるさとくまさんデーです。献立は、麦ご飯、牛乳、南関揚げ入りサラダ、なすのひこずりでした。ふるさとくまさんデーでは、毎回熊本県産の食材を使ったメニューが考えられています。地産地消を推進する日でもあります。

11月18日(水)の給食

 本日の献立は、米粉パン、牛乳、きのこスパゲティ、魚の黄金焼き、ラフランスゼリーでした。米粉パンは、熊本県産の米粉でできてます。お米を加工した食品には、おせんべいやもち、それに米粉からつくる白玉団子や米粉麺などがあり、お米は私達の生活になくてはならないものです。

11月16日(月)の給食

 本日の献立は、麦ご飯、牛乳、呉汁、魚の甘酢あんかけでした。呉汁は煮干しでだしをとってあります。日本では、昔からだしをとる習慣があります。煮干し以外にも、こんぶや鰹節、干し椎茸が使われていました。

11月13日(金)の給食

 「今日は13日の金曜日」と言っても子ども達は全くピンときません。これがわかるのはかなり古い年代の人になります。今日の献立は、背割りコッペパン、牛乳、野菜のスープ煮、つくね照り焼きソース、フルーツクリームでした。フルーツクリームには、バナナが入っていますが、バナナは素手で扱わないようにし、手袋をはめて、くだもの専用のまな板・包丁を使って切ります。

11月12日(木)の給食

 本日の献立は、麦ご飯、牛乳、いもの子汁、魚の南蛮漬け、のりの佃煮でした。魚は「メルルーサ」という種類のものだそうですが、いったいどんな魚なんでしょうね? タラ目の魚で、白身魚としてたくさん輸入されているそうです。

 

 

給食便り