新着
2/24(土) 旧鹿本郡市4校が参加し、鹿本体育館にて芹川杯が行われました。 日頃の練習の成果を発揮する良い機会となりました。 切磋琢磨し、多くのチームとの交流を続けていきたいと思います。  
 2月月22日(木)の始業前に、さくら会のみなさんにご来校いただき、「第4回読み聞かせ」を各学級で行いました。今回のテーマは「卒業(旅立ち)」でした。まもなく卒業式を迎える3年生にとって、そして進級する2・1年生にとってもピッタリのテーマでした。  生徒たちは、読み聞かせが始まるとすぐに物語の世界に引き込まれていました。登場人物ごとに声のトーンを変えられたり、読むスピードや声の強弱を変えられたり、ずっと生徒を見つめながら語られたり、絵をモニターに映し出して雰囲気を伝えられたり、英語で読み聞かせをされたりと持ち前のテクニックや工夫により、「読み聞かせ」の楽しさを味わわせていただきました。 読み聞かせの後には生徒から、「今日もおもしろかったね!」「私もやってみたい。」「英語がすごい!」など、読み聞かせを喜ぶ声が聞かれました。  さくら会のみなさんによる「読み聞かせ」は、本の世界を楽しむとともに温かい心のふれあう素敵な時間となり、生徒の心を豊かにしてくれます。  さくら会のみなさん、本年度4回の「読み聞かせ」を行っていただき、誠にありがとうございました。次年度もどうぞよろしくお願い致します。 ...
献立:ゆかりごはん、牛乳、おでん、山吹和え 今日のおでんにも、鹿本町産の里いもを使用しています。地産地消で、とてもおいしいこの里いもは、鹿本にお住まいの農家さんが家族3人で作られています。土垂(どだれ)という品種で、1つの種芋から13個~16個ほどの里いもが収穫できるそうです。種芋を植えるのが、3月20日頃。収穫できるのが9月~2月終わり、長ければ3月頃までになります。残念ながら、今年度は今日で給食の使用は終わってしまいますが、また9月頃においしい里いもが食べられると思います。旬の時期しか食べられないものは、次の楽しみになりますね。
献立:黒糖パン、牛乳、みそ煮込みうどん、人参サラダ この日は人参を沢山使った「人参サラダ」を作りました。人参は、皮膚や粘膜の維持、目にとっても良い栄養が含まれています。普段捨てている皮や葉っぱにも栄養が含まれています。特に皮の方には、β-カロテンという栄養が多く含まれています。このβ-カロテンは、体の中でビタミンAに変化したり、抗酸化作用のある栄養です。油と相性が良いので、炒めたり、揚げ物にするのがオススメです。今回は和え物にしたため、ドレッシングにオリーブオイルを入れて、栄養の吸収率をアップさせるように工夫してみました。
献立:麦ご飯、牛乳、けんちん汁、魚のオーロラソース、キャベツのサラダ この日の給食に使っている野菜は、全て熊本県産の野菜です。その中でも、里いもときゅうりは山鹿産のものです。山鹿中学校でも、インフルエンザが増えてきています。予防のためにも、いつもより意識して「バランスの良い食事」、「適度な運動」、「十分な睡眠」を心がけるように、給食委員会からお昼の放送で呼びかけを行いました。バランスの良い食事は、ぜひ給食を参考にしてください。
 2月16日(金)本校図書室にて、第2回学校保健委員会を開催しました。 学校保健委員会とは、学校・家庭・地域が連携し、健康課題の解決に向けて、研究・協議する組織のことです。 今回は、本校職員・生徒会に加え、学校医・学校歯科医・学校薬剤師・保健師・学校支援団体さくら会・PTAの方々にご参加いただきました。(総勢27名)    第1回学校保健委員会では、朝食について取り上げました。今回は、第1回学校保健委員会をもとに、生徒保健委員会が取り組んだ「山中朝食キャンペーン」について報告を行いました。その後、①山中生の健康課題とは何か。②心も体もより健康に過ごすためにできること。の2つを議題にグループ協議を行いました。  参加者は、健康課題は何かを考えながら、それを解決するためにできることを出し合いました。話し合いを通して、それぞれの健康課題は関連してつながっていることや規則正しい生活習慣に加え、リフレッシュ法を身につ行けることで心も体も健康になることに気づくことができました。終始和やかな雰囲気のなか、それぞれの立場での意見交流ができ、学び多き時間となりました。    山中生が元気に過ごすことができるよう、...